【アフィリエイター必見】セールスライティングのお勧め本・サイトまとめ

今回は、アフィリエイター必見のテーマ。
セールスライティングについてご紹介します。

セールスライティングとは、簡単に言ってしまえば「売るための文章」。
響きから怪しい印象を受ける方もいるかもしれませんが、
アフィリエイターとして文章を書いていくなら身につけておくべきスキルです。

また、アフィリエイトだけではなく、商品紹介のLPやメルマガなど、
主にインターネットにてモノを売るシーンで役立ちます。

今回は、セールスライティングについて、

  • セールスライティングとは何か?
  • セールスライティングの本 おすすめ3選
  • セールスライティングを学ぶために読んでおくべきサイト3選

を徹底解説します。

セールスライティングとは?

まず、セールスライティングは何かイマイチ理解できていないという方に向けて、
コピーライティングとの違いやメリットなどを説明します。

セールスライティングとコピーライティングは違う

よくセールスライティングと混同されやすいのが「コピーライティング」です。
セールスライティングとコピーライティングは別物です。

簡単にまとめるなら、以下の通りです。

コピーライティング:商品の認知度アップやブランディングのためのもの
セールスライティング:商品の販売・予約などの行動を促すためのもの

詳しくご説明していきます。

コピーライティングとは

コピーライティングは、イメージコピーやキャッチコピーというと想像がつきやすいかもしれません。

例えば有名なキャッチコピーとして、

  • そうだ 京都、行こう。(JR東海)
  • あなたと、コンビに、ファミリーマート(ファミリーマート)
  • はやい、やすい、うまい(吉野家)

などがあげられます。

どの言葉もおそらく聞き覚えがありますよね?
それだけ印象的で響きの良い言葉が使われているということです。

こうしたコピーにて、企業や商品のブランドを高めます。
キャッチャーで注目を惹きつけるような言葉選びをすることが大切です。

セールスライティングとは

セールスライティングは、商品の販売や予約など、読者に行動を促すことを目的とした手法です。

たとえばセールスライティングを使った文章として、

  • あなたはこんな勘違いをしていませんか?
  • 注目!これを読めば〇〇について全て分かります。
  • 先着〇名様限定!売切れ前に要チェック!

こんな言葉遣いがあげられます。

思わず続きを読みたくなるような文章や、つい商品ページを確認したくなるような文章を使うことで、読者に行動を起こさせます。

インターネットでモノを売りたいという人にとって大切なテクニックです。

セールスライティングによるメリット

メリットは、商品を買ってもらう・リンク先のページに飛んでもらうなど、
読者にこちらが期待している行動を取ってもらえることです。

アフィリエイターなら正に売上に直結しますね。

「読者を誘導する」ようなイメージから胡散臭いと思う人もいるかもしれませんが、
それでも多くの人がセールスライティングを使っているのは、実際に効果があるからです。

何も考えずに文章を書くのと、セールスライティングを学んで文章を書くのとでは結果が変わってきます。

セールスライティングの本 おすすめ5選

ここまで読んで、「セールスライティングを学んでみたい!」という意欲が高まった方へ。
まずは書籍やサイトを見て学ぶのがお勧めです。

そこで、セールスライティングを学べるお勧めの本を厳選しました。
まずは一冊読んでみることをお勧めします。

セールスライティングといえばこれ!『全米No.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術』

セールスライティングといえばこの本、と言えるほど定評がある一冊です。
アメリカ屈指のセールスライターであり、日米のマーケターの間で伝説化されているジョセフ・シュガーマンが書いた本。

セールスライティングやコピーライティングとは何か、といった基礎的な内容に加えて、具体的に使えるテクニックや実際に成果が出た広告文の紹介など、幅広く学ぶことができる一冊です。

少しだけ中身についてご紹介すると、たとえばセールスライティングで大切な以下のルールについて記載があります。

コピーの第一センテンスを読ませる。広告のあらゆる要素はそもそも、このたった一つの目的のために存在する。

宣伝文の第一センテンスの唯一の目的は、読者に第二センテンスを読ませることである。

コピーの第一センテンスを読ませることが大切で、文章の目的は商品の特徴や良さを伝えることではありません。
そして第一センテンスの目的は、第二センテンスを読ませること。
コピーの第一センテンスを読ませて注意を惹き、そのまま最後まで読んでもらうこと。
これを、本書の中では「滑り台効果」と呼んでいます。

セールスライティングを学ぶための初めの一冊にイチオシの書籍です。

ダイレクトマーケティングの教科書!『究極のセールスレター』

全米ではダイレクト・マーケティングに関わる人は必ずと言っていいほど参考にすると言われている本書は、ダイレクトマーケティンの業界で最も有名なダン・ケネディが書いた本です。

ダイレクトメールについての話が主にはなりますが、セールスライティングにも十分生かすことができる知識です。
価格に関係なく売れる文章の公式、問題提起→感情をあおる→問題解決という公式など、セールスレターを書く手順が詳細に説明されています。

販売開始から長年経っているにも関わらず、今も変わらず評価されている一冊です。
一生使える知識が凝縮されている本と言えるでしょう。

媒体別で紹介!『セールスライティング・ハンドブック』

コピーライターとして25年以上活躍してきたロバート・W・ブライが書いた本です。
特徴としては、媒体別で書き方が紹介されていることです。

ウェブサイト用、印刷広告用、Eメール用などと分けて解説してあり、読みやすい構成となっています。
見出しの書き方や、セールスライターとしての仕事の取り方など、細かいテクニックが多く紹介されているところも特徴です。
具体的な例が多く、すぐに生かせるテクニックが満載です。

セールスライティングのサイト おすすめ3選

セールスライティングについて綴っているサイトや記事で、
これは読んでおくべき!と判断したものをピックアップしました。

セールスライティングの概要を掴むなら

【胡散臭くない】セールスライティングとは【基礎知識+学習方法】

アフィリエイト界隈では有名な、マナブさんの記事になります。
アフィリエイトはもちろん、最近はYoutubeでも実績を上げている方です。

セールスライティングの全体像や、これから学んでいこうという方が学習方法を掴むのに良い記事です。

セールスライターを仕事にしたいなら

【セールスライティング超入門】基礎から書き方,事例,おすすめの本まで徹底解説

セールスコピーライターとして実際に活躍されている方が書いており、
セールスコピーライターの仕事や収入、セールスライティング関連の求人の探し方など、一歩踏み込んだところまで解説されている中身の濃い記事です。

将来的にセールスライティングを仕事にしたいという方には特にお勧めです。

また、記事の後半では書き方・テンプレートや具体的なテクニックも紹介されており、すぐに実践できるテクニックが詰まっています。

セールスレターの書き方を学びたいなら

売れるセールスレターの書き方と例文。基本的な構成について。【完全版】

こちらはセールスレターの具体的な書き方を学びたいという方にお勧めの記事です。

リサーチの方法からセールスレターを構成する各要素の書き方が具体的に紹介されています。
例文が豊富なので分かりやすいです。

「書籍を買うほどではないけどセールスライティングについて興味がある」という方は、まず読んでみることをお勧めします。

まとめ

今回は、セールスライティングとは何かといった話から、お勧めの本・サイトについてご紹介しました。
これを機にセールスライティングについて学んでみてくださいね。

また、これを読んでいる方は、アフィリエイトに興味がある方がほとんどかと思います。
当ブログでは、アフィリエイトのノウハウを中心に、ブログの運営方法やインタビュー記事なども紹介しています。
良かったら他の記事も読んでみてください。

まだLink-Aへのご登録が済んでいない方は、こちらからLink-Aへのご登録をお願い致します!