【アフィリエイター必見!】実は得する、ASPとの付き合い方講座

shutterstock_295683041.jpg

皆さんはASPと聞くと、どういう印象をお持ちですか?

「アフィリエイトできる案件を探すところ」「手数料収入を得るただの広告代理店」、「実は何をしてくれるのか、よくわからない・・・」

と思う人も少なくないと思います。

そもそも、ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダの略で、アフィリエイターと発注をする広告主である企業を仲介する、仲介のことです。

ASPはこの仲介手数料でビジネスが成り立っているのは確かですが、実は付き合い方を熟知しておくと、良きアドバイザーとして、あなたのアフリエイトライフをサポートしてくれる存在でもあるのです。

 

今回は、実は得するASPとの正しい付き合い方や、悪い例などについて、具体的な事例を上げて紹介していきます。

 

ASPがサポートしてくれたり、ヒントをくれることとは?

shutterstock_396819487.jpg

ASPをうまく使い・うまく付き合っていくためにおさえておかなくてはならないことは、

「何をしてくれるのかを知って、何を聞いたら駄目で、どういったことなら答えてくれるのか」

を知っておくことです。

これを知っているのと知っていないのとでは、雲泥の差が出てきます。

まずは「ASPができること 」を説明していきます。

 

1.案件についての情報

例えば、健康食品Aのアフィリエイト広告を開始するにあたって以下のような有益な情報が開示できます。

「ターゲットユーザーはどのあたりですか?」、「承認率や成約率はどのくらいでしょう?」、「比較的成約されやすい集客方法については、どんなものがありますか?」、「特別単価を狙っているのだけど、その条件は?」など、始める前にもこれだけのことを聞くことが出来ます。

 

2.ベンチマークとしての、他のアフィリエイターの状況

自分が狙っている案件に対して、「トップアフィエイターは最高で何件成約させていますか?」そして、「現状何人くらいのアフィリエイターが取り組んでいますか?」といった情報が聞けるので、自分にとって有利か不利かの指標として役立てることが出来ます。

※あくまで、1つの指標となる範囲までで、個人情報の開示や手法などについては回答が出来ません。

3.自分のサイト・ブログについてのレビュー

「自分のサイト、もしくはブログの掲載方法が禁止事項に抵触していないかどうか見て欲しい」、もしくは「狙っている案件が、自分と同じようなサイト、もしくはブログで獲得を出来ているのかどうか教えてください」などについて、可能な範囲で答えることができます。

自分ではなかなか気づきにくい点でもあるので、積極的に聞いてみるのも手です。

 

質問リスト

おすすめ質問リストを作成したので是非活用してみてください。

*お答えできない案件もございます。

  • 「◯◯◯」はASP全体で何件獲得が出てる?
  • 「◯◯◯」を一番獲得しているアフィリエイターは月間何件獲得してる?
  • 「◯◯◯」の成約率、承認率は何%?
  • 「◯◯◯」はいつ承認される?
  • 「◯◯◯」の広告主はアフィリエイターに協力的?
  • 「◯◯◯」はどんな条件でいくらまで特単が出る?
  • 「◯◯◯」は何人くらいのアフィリエイターが取り組んでる?
  • 「◯◯◯」はどんな集客方法で獲得が生まれてる?SEO?PPC?SNS?
  • 「◯◯◯」は自分と同じようなサイト(ブログ)で獲得できてる?

 ASPに聞いても『答えてくれないこと』を知っておこう

shutterstock_377562079.jpg

 

ASPによく問い合わせがくる実際の悪い例を通して、「答えられないこと」についても、しっかり把握しておきましょう。

ASPといえど、普通の会社員です。

何でも全部知っている前提で問い合わせると、答えられないことが多く、逆にイラついてしまったりと、双方にとって不利益な時間を共有することになってしまいがちです。

1.使っているASPのシステム以外のツールの操作方法について

「WordPressの使い方を教えてください」、「更新がうまく出来ません」「プラグインの仕方が分からない」など、アフィリエイターさん個人が選択して使用しているツールの説明は、ASPでも対応が出来ません。

自分に合ったアフィリエイト塾や、専門のセミナーやツールベンダーなどに直接問い合わせるなどして、自分で調べることで対処していきましょう。

 

2.稼げる具体的な手法について

「稼げるキーワードはなんですか?」「何をすれば稼げますか?」

こういった質問については、ASPも把握できていないことが多く、答えられない質問の代表例の1つです。

特にキーワードについては注意が必要です。

広告主にキーワードを問い合わせることはできますが、取れているキーワードと利益の大きいキーワードは異なります。

トライ&エラーを繰り返して、いろいろな仮説を検証していきましょう。それが自分の財産にもなります。

なお、キーワードの探し方については、こちちの記事が参考になります。

 

3.なんでも分かっている!・・・という前提の相談について

アフィリエイトをしていれば、苦労したことも嬉しかったことも出てくるものです。

例えば、「ここまで作ったのに、なんらかのトラブルでデータが飛んでしまった!何か良い復元の方法を教えてください」、「ブログを削除されてしまった、どうしたら良いのかこの先分からない・・・」など、辛い気持ちはよく分かりますが、これらの相談に関しても、残念ながら対応することが出来ません。

 

ASPの本音

shutterstock_356650643.jpg

前述したとおり、ASPは広告主とアフィリエイターをつないで、そこから手数料をもらう収益モデルです。

アフィリエイターの売り上げの一部をもらっているわけですから、アフィリエイターの売り上げが上がること=ASPの売り上げが上げることなのです。

つまり、ASPはアフィリエイターの味方、ひいては運命共同体の関係となります。

 

また、「1人でも多くの人にアフィリエイトをしてもらい、そして長い目で楽しみながら続けて欲しい」と思っています。

そのために、情報交換のための交流会やセミナーなどを開催しています。

アフィリエイトを始めることや、アフィリエイトのノウハウなど、情報を開示する場を設けているところも多いです。

 

例えばLink-Aでは、通常のセミナーや交流会の他に、広告主とアフィリエイター、そしてASPの3者で、実際に面談と言うかたちを通してマッチングをさせる試みもしています。(※一定のお取引や条件が必要です)

 

一見、アフィリエイトなどのインターネットビジネスは、PC1台だけで仕事が成り立っているようにも感じますが、実際は発注側(広告主)とその仲介者(ASP)がビジネスの機会を提供していて、それをアフィリエイターが発信するという、人の手が介在しています。

ここで、マナー違反をしたり禁止事項に違反したりしてしまうと、自身の悪評などに繋がり、結果的に情報が聞けないどころか、最悪の場合は広告主からの信頼を失い、アフィリエイトを続けること自体が難しくなってしまうこともあります。

 

アフィリエイトに限らずビジネスは、お互いに信頼関係を築けて初めて、収益があがったり、継続しがいがあったりする一面もあるので、楽しいアフィリエイトライフのためにも心得ておきたいものです。

 

個人では知りたくても分からない痒い部分をサポートしてくれたり、実は色々な接し方が出来るASP。

良好な関係を築いて悪いことはないので、みなさんも是非積極的に活用してみてください。

 

7,447 Comments


Fatal error: Allowed memory size of 52428800 bytes exhausted (tried to allocate 4194320 bytes) in /home/linkedge/www/blog.linkedge.jp/wp/wp-includes/class-walker-comment.php on line 185