働きやすい、やりがいを感じやすい。―リンクエッジで女性社員が急増している理由ー

こんにちは!人事部の新屋です。

今回は女性の方必見!!

大手企業から少数精鋭ベンチャー企業リンクエッジに入社した女性社員2人へのインタビュー記事です。

大手システムインテグレーターからの転職を決めた元重 友里さん(28)と、

メガバンクからエンジニアになり、転職をした岡山 実梨さん(28)の同い年コンビです。

なぜこのような決断をし、いま何を感じながら働いているのか、ぜひ一読してみてはいかがでしょうか。

 

大手企業からの転職。未経験業務への挑戦

 

――まずは、お二人が担当されている業務内容と、入社のきっかけからご説明いただけますか。

 

元重:広告運用を担当していますと、一言でいっても想像が難しいかもしれませんね。具体的な仕事内容をざっくり説明しますと、ブログメディアの記事を書くなど、自社の広告コンテンツ周りの文章を作っていますね。そして、サービスのプロモーションのための広告運用や、SNS広告などを使いながら商品、サービスを紹介するための記事を作るサポートであったり、それを実際に回していって、どれくらい人がクリックしているか、どういうものが見られているかという数値を確認して分析することをして、メディアさんの売り上げが上がるようにフォローしていく。これを繰り返して検証するという一連の流れを担当しています。

 

元重 友里 株式会社リンクエッジ メディア運用チームリーダー。新卒で大手Slerに入社。基幹システムの開発・プロジェクトマネジメント業務に従事。メディア運用サポートのセールスライターとしてリンクエッジに入社。記事作成・広告運用のフォローをプレイヤーとして携わりつつ、チームのマネジメントも任されている。

 

リンクエッジに入社したきっかけは、自分がやりたかった仕事内容と自分が求めていた社風が一致していたからです。前職はシステムエンジニアだったのですが、正直、興味が持てなくなっていました。私には合わないと思い、他に何をしよう?と考えていたところ、書くことが好きでしたので、それを仕事にできないかと考えました。とはいえ、書くといっても、私は小説のようなものではなく、何かを“売るため”の書き方が今後、必要になると思っていて、そこを極めていきたいと思ったのですね。そこで興味を持ったのがアフィリエイトでした。

 

アフィリエイトに出会った時、“こういう稼ぎ方もあるのか”と思いました。チャレンジしたいという思いと、アフィリエイトへの興味が強まって、将来的に文章を仕事にして会社で働く、独立して働く、そういう働き方のスタイルがいいなと思い、転職を決意しました。

また、私は元々大手の会社に勤めていたので、いわゆる裁量がある会社で任せてもらえそうなところを選びたいという気持ちがありました。自分の中では、「修業」というイメージで飛び込んでみようと思い、やりがいがありそうで、メンバーもとても優秀な方が多そうな、この会社に飛び込むことに決めました。

 

岡山:私はエンジニアとして、アフィリエイトシステムの運用、保守、開発などを担当しています。細かいことを説明すると、元々、弊社は他社のパッケージツールでアフィリエイト事業を展開していましたが、これをリプレイスして、自社システムとして再構築。内製エンジニアチームの一員として担当しています。

 

前職は、新卒で銀行に入行し、丸4年を過ごしていました。その後、エンジニアになりたいと思い立って退職し、スクールに通って勉強をしてから、この会社に入社しました。銀行の仕事も楽しかったですが、組織に依存しているような自覚があって、いつかは自分のやりたいことをみつけて外に出ないといけないと感じはじめていました。やりたいことをしばらく探していましたが、たまたま日経新聞を読んでいた時に、「エンジニア」というワードが入ってきて、興味を持ったのがきっかけです。文系人間だったので、エンジニアになれるかどうかの不安はありましたが、頑張ろうと思った次第です。

 

最初は難しかったですね。0→1がとても難しくて最初の3か月は苦労しましたが、そこを乗り越え1がわかると、そこから色々な言語に展開していけるようになります。エンジニアの成果って、実際に目に見えてわかる物なので、技術を習得すればするほど楽しくなっていきました。

 

エンジニアの基本を学んで、“どこで働こうか?”と考えたときに私の場合は、“どんなチームで働くか?”といった部分に強いこだわりを持っていました。いくつか面接を受けた中で、チームの雰囲気が一番良かったのが、この会社でした。

 

どうして、チームの雰囲気にこだわったかというと、私は未経験で入っていくので、できない事を責めてくるような環境はしんどいと思ったのですね。この会社は、選考の過程で全員とお話しできて、温厚な方が多いという印象を持ち、自分がチームに馴染んで仕事をしているイメージがつきましたね。また、私と同じようなスクールの卒業生が在籍しており、教育のノウハウがたまっていそうだとも感じました。

 

 

岡山 実梨 株式会社リンクエッジ エンジニアチーム。新卒で大手銀行に入行。組織に依存しない働き方を求め、エンジニアへの転職を決意。プログラミングスクールで技術を学んだ後、リンクエッジにエンジニアとして入社。現在はフロントエンドからバックエンド・インフラ周りまで幅広く担当し、リンクエッジの技術を支えながら、チームを率いる存在へと成長している。

 

大手とベンチャーの“いいとこどり”が魅力

 

――お仕事のやりがいを聞かせていただけますか。

 

元重:結果がすぐに目に見えるところにやりがいを感じています。記事を出した時にすぐに反応があって、PV数がどれぐらいか、ヒートマップでどこが見られているか、クリックがどれくらい出ているかが日単位で確認できます。その結果に関して修正を入れた時に、改善が見られたら、大きなやりがいを感じます。自分の仕事が何かに直結して、つながっていることを実感しやすい環境にありますね。

 

岡山:私は経験が浅いのですが、仕事を通してどんどん自分のスキルが上がっていくフェーズにいるので、この仕事自体がすべてやりがいになっています。また、最近は結構、社内から「こういう機能が欲しい」と依頼を受けることも増え、“期待されているな”と実感しています。数字を上げるのは営業さんの役目ですが、縁の下の力持ちとして、自分たちの存在意義を感じる場所にいると思います。

 

――未経験のエンジニアが入社した場合、社内、社外研修の制度や勉強会の機会は用意されているのでしょうか。

 

岡山:私の時は特にありませんでした。最近は、チーム内で勉強会をしたり、外部の勉強会に参加したいものには出られるという仕組みができてきましたね。

 

元重:そうですね。最近になって、その流れができてきましたね。そもそも私が入った時には、チームのメンバーが全員、兼任で、私が初めて専任者として迎えられました。ですから、最初は正直、ライティングテクニックも誰かが教えられるという状況ではありませんでした。今はメンバーが新しく2名入ってきて、ようやく今までのノウハウをチームで共有したり、勉強会をやろうという流れになってきています。

 

――会社のカルチャー、組織風土みたいなところで、お二人が感じるところがあったら教えてください。

 

岡山:そうですね。入ってみて意外だと思った部分でもありますが…。Web業界って華やかな印象があったのですが、やっていることは地道な事の積み重ねだったりします。たとえば、時間を守るとか、レスを早くする、出来るだけ仕組化するなど、社会人として当たり前のことを日頃から、きちんとできるかというところに重きを置いている会社だという印象です。社員全員がそれを大事にしているので、みんなが仕事をしやすいというのはあると思います。

 

世の中には、“生産性が高ければ自由でいい”という会社もありますよね。個人的には、人数が増えてくると、ある程度ルールがないと、しんどいかなと思います。あとから揉めるくらいなら、会社がガイドラインを用意してくれた方が楽ですよね。大手企業から転職してきた身としては、そのほうが馴染みやすく、溶け込みやすいかと思います。実は、この会社って結構、大手からの転職組が多いという印象があるので、そういう意味でもそういう人が集まっているのかなとは思います。しっかりしたベースがありながらも、スピード感がある。これって、“いいとこどり”だなと思っていて、そこもすごくやりやすいですね。

 

元重:話を聞いていてまったく同感でした。私も自由なイメージを持っていましたが、意外ときっちりしているなと感じました。社員が皆、共通認識をもっているので、理不尽に感じることも少ないのかなと思います。クレドのように、ひとつ決められているものがあるので、みんなそこに向かっていて、それを体現しようとして社風ができているのかとも感じます。業務レベルもなにか目標、ルールをきっちり決めておくと、その前提で話が進むので、とてもスムーズです。ガチガチすぎるとスピード感が落ちてしまったりとか、そんなルール必要か?という話になると思うので、そこがちょうどいいと思います。

 

また、新しいものを取り入れるのも早いですね。テクノロジーはもちろん、制度的な面でもそうです。たとえばコロナ禍での在宅勤務を導入する判断も、どこよりも早かったですね。いいものがあったらすぐに取り入れるという雰囲気があります。

 

岡山:「こうしたらどうですか?」という提案を聞き入れてもらいやすいですね。改善要望専用のチャットルームがあって、そこでは常にあらゆる議論が活発に行われているので、変えていきたいと気が付いた人がいればそれを発言できる環境があります。また、その提案が実際にカタチになって実行していく仕組みも整っています。

 

必要な制度があれば、柔軟に取り入れていく社風

 

――最近、女性の社員が増えていると聞きましたが、それはなぜだと思いますか。

 

岡山:制度が整ってきたことも一つの理由かと思います。私が入社した一年前は、完全にフルタイム枠しかなかったのですが、私と同日に入社の方はお子さんが2人いらっしゃるママさんでした。その方に合った働き方を考えていく過程で、新たな求職者に対しても、パートや時短枠を作ったり、一年前から柔軟な働き方が可能な制度を導入しました。元々働いている女性社員も非常に気遣いができる方が多く、受け入れる体制、雰囲気も万全です。

 

元重:元々、この会社自体に柔軟な姿勢があるからこそ、今の制度や体制が作られたのかと思っています。一年前には制度がなかったけれども、必要になったらすぐに作るし、この先も、もし産休が必要になればすぐに対応できると思います。

 

岡山:そうですね。今は制度がなくても、きちんと対応してくれるだろうなという安心感はありますね。

 

――今後の目標を教えてください。

 

元重:チーム全体として結果を出せるように、自分がある程度、後輩に伝えていきたいと思います。当初、一人でやっていたのが、メンバーが入って、ある程度、後輩の育成を任せられるようになりました。これもベンチャーだからというのもありますが、せっかくの機会ですので、そこを極めていきたいと思っています。一方的に教えるだけではなく、“どうしたら一緒に成長していけるか”を考えながら、新しく入った社員が働きやすい環境づくりをしていきたいと思います。

 

岡山:チームを引っ張る存在になりたいです。私の後に2人入ってきていて、指導を担当していますのでそこもですし、チームの生産性を高めるための意見出しや、個人的な技術スキルを上げてマネージャーの右腕になれる存在になりたいです。これまでは与えてもらうことが多かったので、与える側に行きたいという思いがあります。後輩に対して、気持ちを分かってあげられる人でいたいと思っています。私も元々、何もわからない状態で入ってきましたが、徐々にわかってくると自分の中での当たり前の基準も上がってきてしまうので、そこはきちんと同じ目線で考えてあげたいと思います。

 

 

――最後に、どのような後輩に入ってきてもらいたいか、求める人物像を教えてください。

 

岡山:私は2つあります。1つ目は貪欲な人が良いなと思います。新しい事、知識を吸収していこうという意識がある人、放っておいても自分から成長してくれるような人ですかね。もちろん、放っておかないですけれど(笑)、「おんぶにだっこ」ではなく、自分から成長できる人がいいですね。

 

もう一つは、気遣いができる人です。弊社の女性社員はこれに長けている人がとても多いです。何かを頼むにしてもタイミングや言葉選びを相手の立場にたってできる方ですね。そういう方は細かい所に気が付きます。イコール仕事ができる人なのではと思います。それが対お客様だとしても、やはり詰めが甘い人よりも色々なところに気が付く人の方がお客様からの評価も高いと思います。細かいところに気が付く洞察力のある方は、ミスが少ないですよね。そういう方が元々多いので、さらに増えたらうれしいですね。

 

元重:私は自走できる人が入社して欲しいと思います。自分で貪欲に学んで、興味をもち、人から教えてもらうというスタンスより自分で学んで実践する人の方が伸びは速いですし、必要とされます。あとは色々な事に興味が持てる人ですね。記事を書いたときに人の心がどう動くか、そのあたりに興味が持てる人、書くジャンル、記事のジャンルも色々ありますので、知らなかったことに面白みを感じられる人が合っていると思います。

 

 

いかがでしたでしょうか。

一口に大手からの転職・女性の働き方といっても、”よいもの”を貪欲にスピーディーに取り入れていく、リンクエッジらしさがよくあらわれているインタビューだったと私は感じました。

お二方、お忙しい中お時間をいただきありがとうございました。

次回はエンジニアチームマネージャー 石川と専務取締役 安田のエンジニアにフォーカスした対談記事をお届けいたしますので、お楽しみに!!