デジタルマーケティングのトレンドを自らのエンジニアリング力で創出していくーエンジニア×リンクエッジー

こんにちは!人事部の新屋です。

リンクエッジも今年で10周年を迎えます。今回は数年前から拡充をはかるエンジニアチームのインタビュー記事を公開します!

最高技術責任者の石川 徹さんと専務取締役の安田 敦さんの対談記事必読です!!

 

会社の成長と共にシステムの重要性も増していった

 

――創業時から現在に至るまでの御社のシステムに対する考え方、運用スタイルの変遷についてお聞かせください。

 

安田:創業当時から私がシステム周りを見てきました。とはいえ私も営業出身で、システムの知識がほとんど無かったので、構築も運用も外注化。“とりあえずモノがあれば売ることができる”という考え方でした。そのため、いかに安く、安定したものを作れるかという点を重要視していました。

 

しかしビジネスが伸びていくにつれ、問題が生じてきました。サーバーに負荷がかかり、トラブルを解決しなければアフィリエイターさんやクライアントさんに迷惑がかかるという状況になり、その課題は自分たちでは解決できないものでした。もちろん外注先に詳しい人はいるものの、その問題の大きさを自分事として共有してもらえません。こちらが依頼したことだけを処理していたので、「こうしたほうがいい」という改善策のアイデアも出てきません。

そこで自社にエンジニアを構える必要性に気づき、今に至ります。

エンジニアを内製しはじめたのは3年ほど前からのことでしたが、エンジニアではない私たちには、どのような方が適しているのかという基準もなく、正直、苦戦しました。

本来であればオールラウンドに対応できる人を採用しなければならなかったのに、PMなどの役割であったり、特定の分野に特化した人を採用してしまいました。大手の分業化を経験されている方だったので、合わなかったということもありましたね。会社の成長期において、システムも変化をしていかなければならないという時期に必要なエンジニア像とは少し違っていました。その時に立ち上げ期に必要なエンジニアと、分業が進んだときに必要なエンジニアは違うことが分かりましたね。

安田 敦 株式会社リンクエッジ 専務取締役 学生時代から、代表川合と友人関係にあり、ともに学生ビジネスを手掛けていた。ngi group株式会社(現ユナイテッド株式会社)にてネット広告営業に従事し、新卒2年目でチームマネージャーに就任。2011年、川合とともに株式会社リンクエッジを創業する。

石川:私は2018年9月にエンジニアとして入社しました。今は既存のLink-Aというサービスが動いているので、それを内製化するために、サービスのリプレイスでシステムの移行などの技術回りの全般と、チームの管理を一通り担当しています。前職はVODサービスの会社で、2016年に新卒として入社して以来、ずっとエンジニアとして手を動かしてきましたが、転職する少し前にサービスのクローズなどを経験。経営的に傾きが見受けられたので転職を決意しました。

 

この会社を選んだのは、ある程度会社が大きくなった段階でエンジニアチームを立ち上げること、そしてシステムの入れ替えに立ち会える機会はなかなか無いと思ったので、自分の経験や技術力にプラスになると感じたからです。手を動かすことも、PM的な役割をすることも、ビジネスサイドにエンジニアとして声を上げることも予測して入社しましたね。

 

今後年齢を重ねたときに、技術力など様々なスキルが無ければ難しいと思い、前職のままでは技術力はあまり上がらないと感じていました。さらにスキルや経験値を積みたいと考えていて、この会社ならそれが可能ではないかと思ったのですね。また、それだけでなく、ビジネス感覚も養えると思いました。ビジネス感覚まで持っているエンジニアは少ないと思っているので、この会社にいれば良い経験になると思い選んだということもありますね。

 

――実際に入社してみていかがでしたか。

 

石川:まず、ベンチャー企業にしてはルールがしっかりしていると感じました。たとえば、「ミーティングの15分前には会議室に入室していること」というものがありますが、前職の会社ではここまで細かく決まっていませんでした。この会社は役割や、するべきことが明確に決まっているので、自分のやるべきこともわかりやすいですね。エンジニアに関しては、ルールを決めすぎずに、決めるべきところだけを決めているという丁度よい感じですね。とくにみんなが判断に困ったり、問題が生じたときに、とりあえずのルールを決めて運用してみて、どんどん改善していくやり方を取っているので、全体的に仕事を進めやすいと思います。それはやはりこの人数だからできるというのと、会社としてエンジニアへの理解があるからだと思います。

 

この2年間、技術面だけではなく、様々な経験をしたので、視野が広がったと感じています。前職では単なる開発メンバーとして仕事をしていただけだったのですが、今のようにチームを自分で動かしたり、採用に関わったりしていると、自分の年齢(現在27歳)ではなかなか経験できないことができていると感じています。

 

安田:この年齢で責任ある立場にいて、しかも確実に成果をあげていることは、本当に素晴らしいことだと感じています。開発メンバーは全員、石川さんと同い年か年上の人ばかりですが、石川さんのことを技術的にも人間的にも信頼をしています。私たち経営陣としては、社員それぞれが自立をして働いていくということと、チームワークを持ってやっていくということを求めていますが、若手であってもその両方をきちんと実践してくれているのは、会社としてもとても安心できますね。

 

エンジニアサイドとビジネスサイドの融合で生まれる新価値

 

――あらためて現時点での御社におけるエンジニアの役割について教えてください。

 

安田:アフィリエイトASPのLink-Aは、私たちの根幹の事業なので、これが倒れては非常に困るという位置づけのサービスです。このシステムを通じてモノが売れて、売れた分を広告主さんからお金がもらえるというシステムですが、「今は何が売れているのか」「それはどのようなアフィリエイターさんが、どのような手法で売っているのか」というデータが、どんどん蓄積されています。そのデータを分析すれば、広告主さんへの営業方法や次に当たるもの、売れているアフィリエイターさんの手法などが分かるので、新しいお客さんへコンサルティングを行ったり、提案ができます。データセンターのような位置づけになっていますね。営業担当も常にアクセスして、最新の状況を確認しています。まさに基幹システムです。このシステムは弊社がスクラッチで開発をしたものです。

 

石川:まず、私たちはこのLink-Aというサービスを新しく内製化して、自社サービスとして立ち上げ、自社のエンジニアチームですべて開発を回していくというところを目指しています。現在は、既存の顧客を新しいサービスに入れ替えるフェーズまで来ています。これが落ち着いたら、蓄積しているデータを活用できる機能を追加して、サービスとしてより機能性を高めていくという点にリソースをおさえていこうと考えています。

 

どのような機能を追加していくかというと、まずは、計測できるデータを増やすことです。アフィリエイトはブログなどに設置されたリンクをクリックして広告主の商品ページに飛ばしますが、たとえばそのクリックした人の年齢層が取得できるなどを想定しています。そのデータを使えばアフィリエイトの分析もしやすくなりますし、“この年齢層にはこの商品が売れている”というデータが取れるようになれば、広告主やアフィリエイターに共有できるデータが多くなります。これまでに溜まったデータを活かしつつも、より広いデータを溜めたいというイメージですね。

 

新たに準備を進めているシステムは、AWSでインフラなどを構築しています。基幹系も含めて最新鋭の技術をキャッチアップし、少ない人数で、しかも進化している会社なので、「この技術を使ってみたい、このサービスに使えるのでは」という提案をして実装もできる点にも面白さを感じています。

 

新しい機能を実装していくので、最初の段階から設計に携わったり、新機能について経営陣と話し合い、経営的な視点からフィードバックをもらいつつ自分たちで設計ができます。技術的な設計もできますし、ビジネス面からのフィードバックを受けて視野を広げることができると思います。機能の設計についてもメンバーに任されていて自由度が高いので、自分の好きな技術を採用することもできます。新しい技術に触れることで、エンジニアチームとしてもしっかりとキャッチアップをして、新しい技術に付いていくこともできるので、その点は魅力だと思います。なかなかお堅い企業だと、新しい技術をすぐに導入するのは難しいと思うので、スピード感を持ってできるのは嬉しいですね。

石川 徹 株式会社リンクエッジ 最高技術責任者 新卒でエンジニアとしてアニメ関連会社に就職。動画配信サービスや自社メディアの開発に従事。リンクエッジが本格的に開発チームを立ち上げるタイミングで声がかかりジョイン。現在は主にインフラ周りやバックエンドを担当すると共にエンジニアチームを率いる。

――経営陣としては、エンジニアの皆さんにどのように働いてもらいたいと考えていて、どのような環境を用意しているのでしょうか。

 

安田:エンジニアがビジネスの視点を持って動くことにより、お互いにとってよいものが生まれると考えています。ビジネスサイドとしては、エンジニアによりビジネスを理解してもらった方が話は早いですし、エンジニアサイドとしてもビジネスを理解していた方が、より説得力をもって自分の意見を伝えられるようになるので、意見が通りやすくなります。ビジネスの観点を共通認識としてやっていける文化にしていきたいと考えています。そのためには社内を分断せずにお互いをリスペクトし、ビジネスサイドが言ったことをエンジニアが作るという主従関係のような形ではなく、一緒に作っていく会社にしていきたいと考えています。

 

石川:エンジニアサイドとビジネスサイドが融合することで、よいものが生まれるという実感はあります。目に見える形としては、新しく機能ができあがったときでしょうか。営業担当の方が実際にアフィリエイターさんと接するので、アフィリエイターさんが欲しているものが営業を通して情報として入ってきて、「ではこのような機能を作ろう」という話になります。新しい機能を作るときに、アフィリエイターさんが抱えている事情まで視野が広がるのを感じます。営業を通してアフィリエイターさんの事情を知ることで、新しいアイデアが生まれてきます。

 

安田:現行のシステムをベースに、現在、新たなサービスを作っていますが、最近あった例ですと、石川が「こういうものがあると良いのでは」と営業担当者に提言。ラフな媒体仕様を考え、営業経由でお客様に提案しました。興味を持ったお客様からフィードバックをもらい、それに沿って開発方法を考えるという動きがありました。エンジニアサイドとビジネスサイドの連携ができていると、お客様に響く、確度の高いサービスが作れます。

 

――与えられた自分の役割以上のものを果たそうとしているのは、もともと石川さんがそういう人だからなのでしょうか。それとも会社の中にそのような雰囲気があるからなのか、どちらでしょうか。

 

石川:それは、会社の雰囲気の部分が大きいですね。席が近いので営業の話が聞こえることも多く、「自分で考えて行動しろ」と上から指摘を受けている現場をよく目にするので、僕としてもすべてを受け入れるのではなく、自分で考えて行動しなければならないと思うのは、周りから刺激を受けている部分は大きいです。

 

そのような環境だと、押し付けられて成長するのではなく、自発的に考える習慣が身についてきます。ビジネス意識が高まり、本当に役に立てるエンジニアリングができる人間に成長できると思っています。

 

今しかできない経験が待っている

 

――これから、どのような人材に入社してほしいと思いますか。

 

石川:中途入社であれば、少しでも経験がある方のほうがいいです。しかし大手企業のセクショナリズムのみを経験していて、できることが限られている人よりも、新卒入社の方がいいかもしれませんね。

 

新卒だからこそいろいろな経験ができると思いますし、若い段階で経験が積めるのは魅力だと思います。僕も前職ではビジネスの話はまったくしていなかったので、いい経験になるのではないでしょうか。中途入社の方もそれは同じで、数年経験を積んで「このままでいいのか?」とモヤモヤしている人がこの会社に来ると、自分の技術がどのようにビジネスに活かされているかを実感できると思います。そういう環境で仕事ができるので、得られる経験値は大きいと思います。

 

マインドとしては、限られた分野だけでなく、自分から興味を持ち様々な分野にチャレンジできる人がいいですね。今のチームは少数精鋭で動いているので、それぞれが分業で動くとチーム全体が回らなくなります。そういう意味でも様々な分野に興味を持ち、率先して集中できる人がいいと思います。理想を言えば、プロジェクトの管理もできて、手も動かせるという人がいいですが、今一番欲しいのは手を動かせる人ですかね。

 

エンジニアチームの立ち上げやシステムのリプレイスというのは、なかなか出来ない経験なので、この経験は必ずプラスになると思います。なので興味を持って様々なことにチャレンジできる人に来てほしいと思います。

 

安田:今すぐにでも欲しい人材は、インフラ構築ができる人です。アフィリエイトシステムを安定させるためにもインフラはとても重要です。地道なイメージがありますが、今のままでは限界があるし、ツールは自由に選べるので、「こうしたら良いのでは」と考えられることが必要ですね。インフラであっても、新しい技術をキャッチアップする思考が必要ですし、営業からの影響を受けてビジネス思考になっていけば、次のサービスや事業を作る根幹になっていきます。エンジニアに関しては分野に限らず、そのようなマインドが必要になると思います。

 

まだまだ会社は拡大し続けています。エンジニアに限らず、年商が5億円、10億円、100億円では全く違うので、管理部も営業も考え方を変えなければならないので、会社の規模がそこまで大きくなっても大丈夫なような仕組みを作りたいと考えています。ビジネスサイドもエンジニアサイドも、そこに対して不安を感じたくありません。不安だから伸ばせないというのではなく、反対に「もっと増やしても大丈夫」と言えるような体制を作りたいと考えています。

 

目先で欲しい人材としては、会社がどんどん大きくなっていく過程で、そこをリードしていけるようなエンジニアチームにしたいので、そこを担ってくれる人がいいです。会社のフェーズはどんどん変化していくので、エンジニアに限らずですが、その変化を楽しめて、新しい事業を考えたときにもそれを楽しめる人が良いですね。仕事内容も変わっていくと思いますし、自分の仕事を下のメンバーに任せることも出てくると思うので、エンジニアリングの技術を高めることもそうですが、会社組織が大きくなっていくことにやりがいや楽しさを感じてくれる人に入ってきてほしいと思います。

 

――今、この段階において入社することで、どのような価値が得られると思いますか。

 

安田:他者を幸せにすることで自分も幸せになれたり、自分が関わることで会社やチームが大きくなったり、お客さんが成長できるということがダイレクトに感じられる規模感です。また、フェーズが上がっていくので、会社の変化を味わうことができます。エンジニアにとっては自分が作ったものがどのように使われているのかが見えたり、自分が作ったもので感謝されれば励みになりますし、モチベーションにも繋がると思いますね。ゼロから作るところに入るのではなく、ある程度のベースができていて、さらに成長フェーズに入っていく段階にエンジニアとして入るということは、なかなか無い機会だと思います。

 

――今後の目標、ビジョンを教えてください。

 

石川:エンジニアチームとしては、ベースはできあがりつつありますが、例えばインフラなど弱い部分もあるので、チームとしてオールラウンドに対応できるよう、まずは技術力を固めたいと思っています。そしてビジネス的な感覚を持ちながら、経営陣も巻き込んで、設計や今後の新機能の話など、良い意味で部署の壁を感じることなく様々な議論ができるチームにしたいですね。このように経営層と直接、話ができるというのはなかなかできないことなので、それもこの会社の魅力といえますね。

 

安田:デジタルマーケティングをハックすることにより、アフィリエイターさんや広告主さん、また僕たち自身が爆発的に成長していくノウハウやシステムを提供し、お客さんに喜ばれることを目指している会社です。今までマーケティングや営業、エンジニアリングは分断されていて、繋がりが無かったと思います。この会社ももともとは営業がメインでやってきて、後からエンジニアチームを作りましたが、デジタルマーケティングをリードしていて、新しいトレンドに振り回されることなく、自分たちでそのトレンドを作っていくためには、エンジニアの力が必要ですし、それが無ければ未来はないと考えています。

 

エンジニアの力が加わることで自分の商品が発信できたり、個人のアフィリエイターさんも「こうすればもっとモノが売れる」という、うやむやだったことが明らかになっていくことが、リンクエッジがあったから可能になったと言われるような存在になりたいですね。そのためには、エンジニアチームをさらに大きく、強くしていきたいと考えています。

お二方ありがとうございました!

エンジニアというと会社の中で、ガリガリ開発をしていく部署というイメージがありましたが、リンクエッジでは営業部や管理部などさまざまな部署との連携を大事にし、会社全体で成長をしていくという気概を感じることができました。

今後のエンジニアチームの拡大、石川さんのご活躍に目が離せませんね。

弊社ではエンジニアの仲間になってくれる人を募集しています!

Webアプリケーションエンジニア

インフラエンジニア

気になった方はぜひ上記よりご連絡をいただけますと幸いです!!

それではまた!