アフィリエイト記事を早く書く方法とは?まずは流れを身につけよう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アフィリエイトで安定して稼ぐためには、「サイト上のコンテンツをできるだけ充実させ、アクセス数や固定ファンを増やすこと」が基本となります。

しかし、アフィリエイトを始めて間もない頃は、コンテンツ記事の作成に時間がかかってしまいがちです。

今回はアフィリエイター初心者の方に向けて、良質なコンテンツ記事を早く書く方法についてご紹介します。

記事を早く書けるようになろう

アフィリエイト記事を書くスピードが早ければ早いほど、より多くのコンテンツを定期的にアップロードすることができるようになります。

では、「記事を書くスピードが早い人」と「遅い人」の違いとは、一体何なのでしょうか。以下に、執筆スピードが早い人の特徴をまとめました。

執筆スピードが早い人の特徴

記事の執筆スピードが早い人は、記事の構成があらかじめ頭の中で決まっており、執筆中の書き直しもあまりしないところが特徴です。

加えて、以下のスキルを持っているケースが多くあります。

知識が豊富である

あらかじめ記事作成に必要な知識を持っていれば、最低限の下調べで記事を書くことができます。

また、記事のジャンルの知識が多ければ多いほど、ペルソナ記事の読者像が読みたいと思う情報の取捨がしやすくなり、コンテンツの質も高くなりやすいです。

記事の構成が決まっている、もしくは早く決められる

記事を書く行為は、人前でスピーチをする行為に似ています。

どのような事をどんな順序で書くのかをあらかじめ決めておくことで、「どんな事を読者に伝えたかったのかわからなくなってしまった」「何から伝えればいいのかわからない」という、筆が止まる原因をなくすことができます。

書いている最中に文章を直さない

執筆スピードが早い人は、記事が完成するまでは推敲を控え、一気に書き上げる傾向にあります。

文章の推敲は、記事のクオリティをあげるにあたって欠かせない作業です。

しかし、記事作成の最中に文章を直したり、構成をいじったりなどの修正を行うと、記事作成にかかる時間も大幅に増えてしまいます。

「推敲は記事が完成してから」を心がけると、執筆にかかる時間を短縮することが可能です。

タイピングが早い

アフィリエイト記事をはじめとするWebコンテンツは、パソコンを使って作成することがほとんどです。

つまりタッチタイピングが早く、かつ入力ミスが少ない人ほど、記事の執筆スピードもあがりやすくなります。

トレーニングで執筆スピードをあげることもできる

記事の執筆スピードは「知識の豊富さ」「構成力の高さ」「途中で書き直さない潔さ」「入力技術の正確さ」を身につけることで大きくアップさせることができますが、文章を書くこと自体に慣れておくことも大切です。

毎日記事を書く習慣をつけたり、他の人の文章を添削したり、自分が読みやすいと感じる書籍を書き写したりしながら、文章のアウトプットに慣れていきましょう。

アフィリエイト記事を書く流れを把握しよう

アフィリエイト記事を早く書くためには、記事に盛りこむキーワードやアウトラインといった「記事の骨組み」を、できるだけスムーズに決める必要があります。

具体的な流れについて見てみましょう。

キーワードを選ぶ

まずはじめに、記事のテーマに沿った「キーワード」の選定を行います。

「キーワード」とは、情報を探している人が検索エンジンに入力する言葉のことです。

ターゲット層が検索エンジンに入力すると思われるキーワードを本文やタイトルに盛りこむことで、「あなたの知りたがっている情報はこのページにありますよ」と、読者にアピールすることができます。

結果、アクセス数の増加や、検索エンジンの上位表示を狙うことが可能です。

 

キーワードは自分で予想して決めることもできますが、インターネット上のキーワードツールを活用すれば、迅速かつ旬なキーワードの選出もしやすくなります。

昨今はさまざまなキーワードツールが登場しているので、自分のお気に入りのツールをひとつ見つけておくと安心です。

キーワード選びの注意点

検索ボリュームの大きいキーワードを選択すると、検索する人が多く注目度も高い反面、競合ページも増えてしまいます。

せっかく記事を書いても検索エンジンの上位になかなか表示されず、埋もれてしまうことがあります。

アフィリエイトサイトのキーワードを選ぶ時は、サイトやテーマとの親和性だけでなく、検索ボリュームのバランスについても考慮しておくとよいでしょう。

アウトラインを決める

キーワードをもとにしながら、記事のおおまかな内容を決めます。

・読者層は誰で、どんな悩みや目的を持っている人なのか

・記事の文字数はどれくらいか

・どうしても伝えたいトピックは何か

・記事の結論は何か

・読後のユーザーに起こしてほしいアクション商品の購入や予約、SNSでの拡散など

上記の項目を箇条書きにするだけでも、およそのアウトラインが把握できるようになります。

アウトラインプロセッサーやマインドマップツールなども活用しながら、思考の整理を行ってみてください。

構成を決める

キーワードとおよその内容が決まったら、タイトル・見出し・小見出しを作って、記事の流れをより具体的にします。

タイトルや見出しにキーワードを入れ、検索エンジンへの対策を行うことも忘れないようにしましょう。

一気に書く

記事で書く内容と構成を決めたら、リサーチや余所事をはさまないように気をつけながら、時間を決めて一気に書きあげます。

冒頭から末尾に向かって書くのが一般的ですが、書きにくいと感じた場合は、好きな見出しから書き始めてしまってかまいません。

ポイントは、できるだけ途中で書き直さないことと、構成から外れた内容は書かないように気をつけることです。

あらかじめ決めた構成に則って、執筆を進めていきましょう。

リライトは翌日以降にする

記事が完成したら、冒頭から末尾までを読み返して、誤字脱字や重複表現がないかどうかをチェックします。

誤字脱字や重複表現が残っていると、記事の品質を下げてしまいかねないので、校正ツールなども活用しながら丁寧に確認しましょう。

ただし、文章を大幅に書き換える推敲やリライトについては、記事を作成した翌日以降に行うことをおすすめします。

執筆から少し時間を置いてからチェックすることで、他人の文章と同じように、客観的に添削しやすくなるためです。

文章のねじれや誤字脱字もあわせて確認し、クオリティをアップさせてみてください。

 

まとめ

良質なコンテンツ記事を早く書く方法についてご紹介しました。

記事の執筆スピードは、一朝一夕で早くなるものではないため、コツコツと練習を重ねることが大切です。

ご紹介した内容を参考に、記事を早く書くスキルを身につけてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現在のアフィリエイト報酬をUPさせられないか、ご相談ください。

Link-Aでは即時のチャットサポートや高単価案件でアフィリエイターの皆様をサポートさせていただきます。

これからアフィリエイトを始めるという方のご相談もお待ちしております。


Link-Aに登録する

SNSでもご購読できます。