【2017年度版】主婦が在宅で可能な副業10選!在宅ワークは実際どうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YOU_DSC_0834_TP_V.jpg

育児や家事に追われる主婦にとって時間が拘束される仕事はなかなか難しいものです。

今まで続けた仕事を出産をきっかけに辞めるという人も多いでしょう。

子供が小さいという人にとっては、働きたいと思っても時間が固定の仕事はなかなか難しいものがありますよね。

「少しでも子供と一緒に居てあげたい」

「子供を超時間預けられない」

「子供が病気のときなどいざという時を考えると、なかなか働きずらい」

そんな人も多いでしょう。

 

しかし、家計を考えると少しでもお金がほしいと考えるひとがほとんどです。

子供が大きくなったら。。ほしい家具が。。とお金の悩みは尽きないものです。

 

時間が拘束される仕事は無理だけど、お金を稼ぎたいという人におすすめなのが、「副業」です。

 

副業と聞くと働いている人が仕事後や週末に働く姿を想像するかもしれませんが、

だんだんと主婦が家に居ながらできる仕事が増えてきています。

家事や育児と両立することができるため、主婦にとっては非常に嬉しい仕事ですよね。

 

この記事では主婦の副業について、そのメリット・デメリットとどんな仕事があるのかについて説明していきます。

 

在宅副業のメリット

在宅でできること、副業でできることにはメリットが多くあります。

一つづつ自分が当てはまるか見ていっていただければと思います。

 

子供との時間が増える

子供は産まれてから2歳くらいまでに親から愛情を十分に受けることは、子供の成長にとって非常に大きな意味を持ちます。

 

これは心理学的にも主張されているものです。

親から愛情を十分に受けると子供は周りの人は味方だという安心感覚を持ちます。

生後2歳くらいまでにたくさんのスキンシップと、無条件の愛情を惜しみなく注がれることが必要です。

この期間に保育施設に預けられるとどうしても愛情不足になりがちです。

 

家で仕事ができると出勤時間などが短縮されるため、子供と過ごせる時間が必然的に長くなります。

子供と少しでも長くいたいというのは親であれば誰でもそうかもしれません。

 

もしもの事態に対処できる

子供が熱を出した、怪我をした、友達と喧嘩したなどなど親が手助けしなければならないことは意外と多いです。

保育園に預けていたとしても、熱を出せば迎えに行かなければなりません。

 

仕事をしながらも子供優先させてくれる会社は少なくありません。

しかし、子供のために帰宅するとどうしても「人に迷惑をかけてしまった」と考えてしまいますよね。

このような時に在宅ワークであればある程度柔軟に対応することができます。

 

子供が体調悪い時にずっとそばに居てあげられるのは大きいですよね。

 

家庭の状況によって仕事量を自由に変えられる

家庭の事情により仕事がどの程度重要なのかは変わってきます。

夫のボーナスが予想より少なかった、まとまったお金が必要になったといった場合はお金が必要になりますが、

少し金銭的に余裕がある時は子供のため、家事のために時間を使いたいところです。

 

在宅ワークですと、ある程度自分の仕事の量を決めることができます。

仕事の量とほしいお金を考えながら暮らしのスタイルを決めることが出来ます。

今月は5万円くらい欲しいからこれくらい働こうといったことが可能です。

 

金銭的に余裕ができる

子育てをしながら働くことはできないため、仕事をやめるという決断をした人は収入が0になってしまいます。

決断はしたけれども生活は厳しいという人も多いです。

生活のスキマ時間を見つけてお金にすることが出来ればかなり嬉しいと思います。

 

今の家計にもう5万円あったら。。なんて考えるとどうでしょうか。

今より金銭的にも精神的にも余裕を持って生活できるかもしれません。

仕事を諦めるしかなかった人も在宅ならという人も多いでしょう。

 

在宅副業のデメリット

メリットは多くありますが、同様にデメリットもあります。

どんな仕事をするかにも関わってくるので良くチェックしておきましょう。

 

自分から仕事を探さなければならない

会社にいると仕事が上から降ってきて、それをこなすことでお金がもらえます。

しかし、在宅ワークは最初が非常に大変です。

長期的に続けられるものであればいいですが、短期間のものが多く気がついたら次の仕事がないなんてことになりがちです。

また、やらなくてもいい環境ということもあり、だんだんサボって結局。。。ということになりがちです。

最初の仕事を探す時も、人材サービス会社に足を運べばいいというわけではないので苦労するかもしれません。

 

責任の範囲が広い

先ほどのやらなくてもいい環境ということと関係しますが、自分の責任の範囲が非常に大きいです。

スケジュールを決めて引き受けた仕事は必ずこなさなければ次の仕事はありません。

 

また、会社であれば自分が体調を崩したなどのトラブルがあれば誰かがやってくれるかもしれません。

しかし、在宅の仕事であれば必ず自分で期限までに仕事をしなければならないのです。

 

仕事によってはスキルが求められる

在宅ワークは専門性を求められる仕事が多い傾向にあります。

その場合、技術への評価を受けることになります。

自分の価値を高めていくためにも日々勉強する必要があります。

少しづつ経験と技術を積み重ねていくことで、貰えるお金も変わってきます。

 

より高い報酬が欲しい場合は、努力する必要があります。

 

初期費用がかかる

家で何かしようとした際は、その初期費用がかかることがあります。

例えば料理教室を開くことを想像してみましょう。

まず教室を開くには、場所と調理道具が必要です。

常にキレイな状態を保たなければなりませんので、維持コストもバカになりません。

 

また、パソコンを使う仕事の場合も同様です。

会社であればパソコンが支給されたかもしれませんが、在宅であれば自分で準備しなければなりません。

また、ネット環境は最低限必要ですので、4000円/月程度かかると考えておいたほうが良いでしょう。

何をするのにどれくらいの費用がかかるのかをしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

在宅で可能な副業8選

coins-1523383_1280.jpg

在宅で可能な仕事は多くあります。

それぞれいいところと悪いところがあるので、自分がどういう仕事ならできるのか、どれくらいお金が欲しいのかを見極めて仕事を選ぶようにしましょう。

副業は挙げだしたら終わりがないので、代表的なものを8つ説明していきます。

 

アンケートモニター

アンケートモニターはネットアンケートに答えるとお金が貰える仕事です。

何か統計を取りたい会社や市場調査をしたい会社がアンケート協力のお願いをしてきます。

それに答えることで報酬が貰えるのです。

これこそ空き時間にできる仕事!という感じですね。

ただ、これだけで食べていけるかと聞かれたら厳しい仕事ではあります。

 

貰えるお金は1件あたり、数円〜100円程度。

空き時間にコツコツ趣味感覚でやっていきくというのがいいでしょう。

 

オススメはマクロミルの「モニタサイト」。

モニタサイト

 

大手が運営しているため、安心して使うことができます。

 

 

クラウドソーシング

最近仕事をする人が急増中のサービスになります。

クラウドソーシングとは「オンライン上で不特定多数の人に業務を発注するサービス」のことです。

自社の人でが足りない、専門性が必要な仕事がある、ほかの人のアイデアを募りたい、そういった時にオンライン上で手伝ってくれる人を募集するのです。

仕事内容は「データ入力」「記事の作成」「ロゴの作成」「社名のアイデア募集」などなどたくさんあります。

誰でもできる簡単なものから、専門性の高いものまで沢山です。

 

次に仕事をする側が実際どのように仕事をするのか説明していきます。

まずクラウドソーシングのサービスに登録をします。

有名なサービスはクラウドワークスとランサーズです。

クラウドワークス

ランサーズ

 

このどちらかに登録しておけば間違いないでしょう。

 

次に自分がしたい仕事を探します。

形式はタスク形式とプロジェクト形式とコンペ形式です。

 

タスク形式:複数の人が同時に作業する形式です。〜についてデータを入力してください、〜についての意見を書いてくださいといった依頼が多いです。自分がやった分だけの報酬が得られます。

プロジェクト形式:仕事をしてほしい人と仕事をしたい人が契約を結ぶ形です。仕事をしたい人は見積もりなどの条件を提出します。そこで選ばれれば仕事を受注という形です。

コンペ形式:たくさんの人がアイデアを出し、一人が選ばれるという形式です。アイデア募集やロゴの作成などの仕事で多い形式です。自分のアイデア・作品を提出し、採用されれば報酬が得られます。

 

最近ではクラウドソーシングの仕事だけで生計を立てている方も少なくありません。

パソコン1台さえあれば、自分のスキルに合った仕事を見つけることができるはずです。

 

 

ライター

文章を書くことを専門にする仕事です。

先ほど紹介したクラウドソーシングでもライターの仕事は多くありますが、分けて紹介したいと思います。

最も多いのが、WEBメディアの記事執筆の仕事です。

WEBライターという表現をしたほうがイメージがつきやすかもしれません。

ニュースサイトの記事、ネット広告の文章、ECサイト製品説明文、その他Webコンテンツのライティングが仕事になります。

 

Webライターに求められることは魅力的な文章を書くということです。

私は文章力がないから。。という人も安心していただきたいです。

文章は書けば書くほど慣れてくるからです。

仕事は多くあるので、こなしながら段々と上達していけるはずです。

 

専門性がある人を求めているWEBメディアもあります。

医療系の記事であれば医療関係者は重宝されますし、美容の記事であれば美容関係者は重宝されます。

前していた仕事で身につけた知識を活かせないかを考えてみるのもいいでしょう。

 

次にどこで仕事を見つければいいかについて説明します。

方法は大きく3つあります。

1つめは先ほど紹介したクラウドソーシングサービスです。

ここが一番たくさん仕事があるので、見つけやすいです。

 

次がメディアに直接連絡を入れる方法です。

WEBメディア、WEBサイトを見ていると「ライター募集」と書いてあるものが少なくありません。

自分が日頃見ているサイトであれば書く記事のイメージもつきやすいと思います。

 

最後は求人媒体から応募する方法です。

求人媒体を見ていると在宅でライターの仕事がかなりあります。

通常に働き先を探すように仕事を探す形になります。

 

2つ目と3つ目の場合、ライターの経験を問われることもあります。

ですので、まずクラウドソーシングで経験を積むのがいいでしょう。

 

 

アフィリエイト

認知度がだんだんと高くなってきているのがアフィリエイトです。

私はこれを一番お勧めしています。

 

なんだか怪しいというイメージを持ちがちかもしれませんが、そんなことはありません。

主婦も始める人が非常に多くなっています。

確定申告の際も税務署が「アフィリエイトの収入がある場合」という説明書きをするくらい広まってきています。

 

具体的な仕事内容としては、自分のブログやサイトで商品やサービスを紹介することです。

自分のブログやサイト経由の売上の何パーセントかを報酬としてもらうことができます。

 

ネット状の営業代行と考えれば分かりやすいでしょう。

 

良い点としては初期費用がほとんどかからないことと、完全な成果報酬型であるという点です。

収入の天井がないため、しっかりと取り組めば会社にいるよりいい給料をもらうことができます。

 

またいい記事を書き、それが何かのキーワードで検索上位に上がったとします。

そうすると一定期間は記事が検索上位に上がったままになります。

全く仕事ができない期間があったとしても収入が0にならないという点でもオススメです。

 

紹介できる商品はほとんどのジャンルです。

アプリのダウンロードから健康食品の紹介、保険の資料請求や旅行予約サービスの紹介もあります。

自分が興味のあるジャンルで取り組むことが可能です。

 

先ほど紹介したようにいい記事が書ければ、信じれないほどのお金を手にすることも可能です。

検索上位に自分の記事が上がれば、月に数万人の人に記事が読まれることになるわけです。

数万人に営業ができると考えれば納得できますよね。

 

アフィリエイトの特徴は成果報酬であるという点です。

仕事であれば勤務した時間だけお金がもらえますし、クラウドソーシングであればこなした仕事の数だけお金がもらえます。

しかし、アフィリエイトであれば自分のサイトから売上が上がって初めてお金がもらえるのです。

 

50時間かけてアフィリエイトをしたけれど、1円も稼げなかった。。ということになる可能性もあるのです。

稼げる人は稼げる、稼げない人は稼げないとはっきりする仕事なのです。

 

どのように始めるかが非常に重要ですが、このサイトで詳しく説明しています。

正しい方法でアフィリエイトをすれば納得のいく報酬を得ることができるでしょう。

 

まずは商品をみる事のできるサービスに登録してみましょう。

この3つを押さえておけば大丈夫です!

Link-A

A8

Amazon アソシエイト

 

ココナラ

ココナラは自分の持っているスキルや知識を売るというサービスのことです。

自分の知識を売るわけなので、何かを仕入れるといったお金は必要ありません。

知識を買う側も知りたかったことが安くしれた!ということになるわけです。

人によって知っている知識は違うので、これを共有できるっていいサービスですよね。

 

イラストやWEBデザイン、翻訳など専門性がいるものから、

子育ての相談に乗る、旅行のプランを立てる、話を聞くなど簡単なものまで出品できます。

 

専門性というよりアイデア1つで収益を上げることができるというイメージですね!

 

 

 

ポイントサイト

ポイントサイトはゲームのダウンロロードやサービスの会員登録をすることでウェブポイントが貯まるというサービスです。

自分のウェブサイトを持っていなくてもスマホ一つでお金を稼げるというところがポイントです。

基本的に年齢制限もないので、小学生や中学生もすることができるサービスになります。

 

アンケートと同じようにこれだけで食べていくことはできないですが、

少しでもお金が入れば嬉しいものです。

 

モッピーやポイントタウン、げん玉といったサービスが有名です。

毎日コツコツ続けることでちょっとしたお金にすることができます。

 

受け取りはほとんど現金にすることはできません。

Amazonギフト券やItunesカードに変換できるので、あらかじめどういう換金方法が可能なのかをチェックしておきましょう。

 

ヤフオク&フリマアプリ

不要なものを販売するフリマアプリが最近大流行しています。

もっとも有名なのかメリカリでほとんどの人が知っているのではないでしょうか。

 

最近では大手のネット企業がどんどんフリマアプリをリリースしています。

テレビコマーシャルですら広告をみるようになってきましたよね。

 

もう使わなくなった小物類や衣服など家の中の余っているものを売ってみてはいかがでしょうか。

不要品を捨てるのにも、今では廃品回収や処分にけっこうお金がかかるものです。

 

私も引き出しに眠っていたペンとメモ帳をつい先日出品してみたところ、ほんの数時間で売ることができました。

ブランドものの服やカバンも古着屋やブランド買取屋に売るより、高く売ることができます。

 

子供服ってすぐ成長につれてすぐ着れなくなってしまいますし、ベビー用品もお祝いで貰ったけど結局使わなかったということもあります。

 

タンスや引き出しを整理してみてはいかがでしょうか。

 

使い方が分からないというひとも安心して欲しいです。

スマホアプリなので作業は本当に簡単です。

アプリを起動して売りたいものの写真を撮り、説明書きを書くだけです。

出品するだけでたくさんのひとに見てもらうことができます。

 

 

一番有名なアプリはメルカリです。

たくさんの人が使っているアプリほど売れやすいので、まずはメルカリから初めてみてください。

メルカリ

 

 

 内職系バイト

主婦の副業というと最初に思いつくのが、「内職」ではないでしょうか。

内職とは知っている通り、手作業で行う仕事を、自宅で行うことです。

「シール貼り」や「袋詰め」「アクセサリーの加工」などと言えばイメージがつきやすいです。

 

パソコンが普及する前は内職は非常に人気がありました。

あまり高いお金はもらえませんが、在宅でできる仕事が限りなく少なかったからです。

家にいながら、自分のペースで仕事ができるというのは非常に魅力的でした。

 

しかし、最近は内職の仕事自体がだんだんと減ってきています。

なぜかというと機械の進歩により、人の手がいらなくなったらからです。

また、まだ人の手がいるものも東南アジアや中国といった海外に依頼されています。

 

日本ではパソコンが普及し、パソコンを使ってできる副業が増えたため、ほとんど人気がありません。

シール貼りの単価は0.1円~なんて聞いたらやる気を無くしますよね。。

 

「内職は単価が安い」というのは広まったイメージではありますが、現実はもっと安いのです。

肉体労働な側面もありますし、たくさんの仕事があるわけでもありません。

 

時間の割に報酬が見合わない仕事になるので、あまりおすすめはできません。

 

写真のネット販売

自分が撮影した写真を欲しい人に売るというサービスになります。

たくさんの人に売ることができるので、人気の写真になれば何百枚と売ることも可能です。

写真は、企業のホームページに使われたり、WEBサイトに使われたりします。

 

プロの写真が売れるんじゃないの?という人も安心してください。

意外と一般人の写真の受けが良く、売れることが多いのです。

 

自分の写真がいろいろなところで使われるってなんだかいいですよね!

 

もっとも有名なサービスはPIXTAです。

PIXTA

 

どんたくさんダウンロードしてもらえる高品質の写真を多く投稿することがポイントみたいです。

 

 

副業や在宅ワークの危険性は?

いいなと思った仕事もあったかもしれません。

しかし、最後に注意すべきことを書きたいと思います。

 

副業をしようとした人を狙う悪い人もいるということに注意しなかればなりません。

基本的に副業や在宅ワークで自分の方がお金を支払うということはありません。

「稼ぐための情報を教えるので◯◯円先に払って下さい」という人に注意してください。

 

もちろん、しっかりとした授業をしてくれるスクールはあります。

下記の項目に当てはまるのかじっくり考えるようにしましょう。

 

・その仕事をするためにこのスキルを身につける必要があるのか

・そのスキルは本当にここのスクールで身につけることができるのか

・払う費用と得られるスキルは釣り合っているか

 

また本当に割りに合うかも考えなければなりません。

時給で働くのであれば最低賃金がありますが、在宅の仕事だと気付きにくいものです。

自分がどれくらい働いて、どれくらいお金を得られたのかをしっかりと考えるようにしましょう

 

 

おわりに

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

パソコンが普及することで、できる仕事の幅はどんどん広がってきています。

また、国も副業推進の流れを取っていることから、副業可能な仕事はどんどん増えていくと予想されています。

自分が好きなことであったり、得意なことをパソコンでお金にすることができるチャンスはたくさん転がっています。

まだまだパソコン、スマホでできる仕事はあります。

また、これからもどんどん増えていくと思うので、定期的に更新していきたいと思います。

 

今まで時間を取られるのは無理だからと働くのを諦めていたひとにぜひ一つでも挑戦して欲しいです。

自分で仕事を選ぶことができるので、仕事=趣味になっているひとがたくさんいます。

 

そして、何より今までもらえなかったお金を手にすることができるのです。

 

自分の生活、家族の生活をより豊かにするためにも挑戦してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現在のアフィリエイト報酬をUPさせられないか、ご相談ください。

Link-Aでは即時のチャットサポートや高単価案件でアフィリエイターの皆様をサポートさせていただきます。

これからアフィリエイトを始めるという方のご相談もお待ちしております。


Link-Aに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す