アフィリエイトは稼げない?稼げない人の20の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


「アフィリエイト頑張ってるんだけど、全然稼げないです。。」

「アフィリエイトってめっちゃ稼げるよね。なんでみんなやらないの?」

アフィリエイトは稼げる、アフィリエイトは稼げないという両方の意見があります。

これはどちらが正解なのでしょうか。

正しいのは「アフィリエイトは稼げる人にはめっちゃ稼げる」です。

正しいやり方と正しい姿勢がアフィリエイトで売り上げを上げるためには必要になってきます。

この記事は15000人を超えるアフィリエイターを見ていて感じたアフィリエイトで稼げない人の特徴をまとめました。

アフィリエイトは稼げるという事実

アフィリエイトで稼げる人、稼げない人の特徴を言う前に言いたいことがあります。

「アフィリエイトは稼げる」ということです。

アフィリエイトASPのLink-Aでは毎月の売り上げのランキングを公表しています。

これを見てください。

この中には複数人でアフィリエイトをしている人もいますが、一人でアフィリエイトをされている人も多くいます。

1人で月1000万を超える額を稼いでいる人がいる。

信じられないような数字かもしれませんが、この数字は事実なのです。
他のASPでも売り上げ公表しているところはいくつかあります。

こちらはA8のTOPページです。

個人会員しか載っていませんが、上から932万円 805万円 782万円と続いていきます。

アフィリエイトASPは何十とあるので、月何百万と稼いでいる人が少なくないと理解していただけると思います。
アフィリエイトで5000円以上稼げる人は5%以下と言われています。

しかし、これは正しい数値でもあり誤った数値でもあります。

5000円以上売り上げを上げた人/アフィリエイトを始めた人で計ると5%ですが、5000円以上売り上げを上げた人/アフィリエイトを続けた人でみるとこの数字は激変します。

5%とは言われますが、稼いでいる人はかなり多いと言えると思います。
15000人のアフィリエイターを見てきて感じることは、2週間も続かない人が50%以上いるということです。

残念ですが、アフィリエイトをしっかりとやる前に「アフィリエイトは稼げない」と判断してしまう人が多いのです。

続けている人からすれば、こんなに稼げるのにというビジネスです。

 

稼いでいる人がたくさんいるということは覚えておいてください!

 

アフィリエイトで稼げない人の特徴

多くのアフィリエイターを見てきて、アフィリエイトで稼げない人には特徴があるのではないかと思うようになりました。

Link-Aにはチャットサポートがあるのですが、稼げるアフィリエイターと稼げないアフィリエイターは質問が大きく違います。

考えている視点や気をつけていることが違うのです。

 

それらをまとめて言いたいと思います。

「稼げない人に共通する特徴」とタイトルはなっていますが、裏を返すと、これらが出来ている人は稼げる人が多いということです。

自分がこの特徴に当てはまっていないかチェックし、当てはまっている人は改善してみてください。

 

簡単に稼げると思っている人

アフィリエイトは「簡単に稼げる」というブランドが出来てしまっていますが、そんなことはありません。

あくまでもアフィリエイトで売り上げを上げるには「努力と継続」が必要です。

運が必要なことすらあります。

 

ネットビジネスは始めやすいという特徴はありますが、リアルのビジネスもネットビジネスも同じなのです。

リアルのビジネスとネットビジネスは作業の形態が違うだけなのです。

 

世の中には「1日30分でアフィリエイトは稼げる」「誰でも簡単100万円」といった言葉が溢れていますが、そのほとんどは真実ではありません。

簡単に30分で稼げる方法があるなら誰もがやりたいですし、そういったノウハウを誰かに教えるでしょうか。

「楽に稼げるいう嘘のノウハウ」を販売することで稼いでいる人がいることには十分注意しなければなりません。

また、そのノウハウが本当だったとしても過去のノウハウで現在は全く使えないということも多いのです。

「上級者の簡単」と「初心者の簡単」は大きく違うことも意識しなければなりません。

すでに何年もアフィリエイトをやってきている人の100万円とこれからアフィリエイトを始める人の100万円には大きな差があります。

初心者からすればアフィリエイトをするにあたって聞く言葉も、使うツールも、使う道具もすべてが分からない状況からのスタートなのです。

そういった状況で効率的に作業をすることはほぼ不可能と言っていいでしょう。

 

ネットビジネスだから上手く稼げる何かがあると考えている人はもう一度考え直したほうがいいでしょう。

アフィリエイトはネット上のビジネスですが、リアルのビジネスとなんら変わりないのです。

 

すぐに結果を欲しがる人

頑張ればすぐに結果が出る!と考えている人も稼げない人の特徴です。

1日3時間を1週間続けて「なんで1円も稼げないんだ」と考える人が非常に多いです。

 

アフィリエイトを始めた初期は自分の作業時間と報酬を計算してみることは絶対にしてはいけません。

時給計算をしたら間違いなくバイトをしたほうがいいという結論になります。

アフィリエイトは正しく行っていった場合、二次曲線的に報酬が伸びていくビジネスです。

 

焦って成果を欲しがる人はアフィリエイトには向いていないかもしれません。

特にサイトアフィリエイトは向いていないため、広告を使ったアフィリエイト(PPCアフィリエイト)を検討してみてください。

 

有名人のブログとは違い、あなたがブログ・サイトを始めたところでみる人は0です。

こつこつと書いていくこと、いい記事を書いていくことをして初めて見てくれる人が増えていくのです。

アフィリエイトで稼いでいる人が近くにいれば、どれくらいの期間アフィリエイトをしているのか聞いてみるといいでしょう。

サイトアフィリエイトをしている人であれば、成果が出るまで1年以上耐えていることが多いですし、広告を使ったアフィリエイトでも試行錯誤をしながら今の報酬を実現していると思います。

 

PCの向こうの人を考えられない人

ネットビジネスといえども、PCの向こう側の人を考えられない人は稼ぐことはできません。

PCの向こう側で誰かが自分の文章を読んでくれる、それを信じてくれて商品を買ってくれる。

その上で自分に報酬が入ることを忘れてはいけません。

自分が何かを人に与えることでその報酬としてお金が得られるということを意識するといいでしょう。

 

自分が書いた文章が誰かに読まれるんだという意識を持てない人は非常に多くいます。

「100記事書いたんですが、成果が全く上がらなくて。。」と見せていただいたブログの記事が、箇条書きのような読みにくい文章だったということは少なくありません。

 

PCの向こう側の人の「探している情報を提供してあげる」「役に立つ情報を提供する」ことを考えるようにしましょう。

 

ググれない人

アフィリエイトで稼げない人全員に共通するのがこの特徴です。

「ググる」とは「グーグルで検索する」という意味で、「わからないことがあったら調べる」というスキルです。

出来るひとにとっては何でできないの?というようなスキルですが、出来ない人が非常に多いのがこの能力です。

 

これはアフィリエイトに限ったことではありませんし、アフィリエイトを数年やっている人でも使っているスキルです。

分からないことが出てくると誰かに聞こうとしたり、諦めてしまったりしがちですが、「ググる」習慣をつけてみましょう。

 

簡単なことであれば「誰かに聞いて教えてもらう」より「自分でググる」ほうが格段に早いのです。

また「誰かに教えてもらう」より「自分で調べた」ほうが知識、経験ともに増えていくはずです。

 

継続できない人

アフィリエイトは稼げなかったというひとは、そもそもそんなにやらなかったという人が多いです。

すぐに簡単にお金が稼げると思って初めてしまう人が多いので、すぐに稼げなかった・簡単じゃなかったと言ってやめてしまう人が多いのです。

続けていてももっと簡単な方法があるのではないかと考えて継続できない人も多いです。

 

アフィリエイトは継続している人にメリットが大きいビジネスです。

昔から運営しているサイトに、作ったばかりのサイトが検索結果で勝負することは非常に難しいですし、たくさんの記事が入っているサイトのほうが評価がされやすいのです。

 

アフィリエイトの知名度はだんだんと上がってきている為、これから取り組む人がさらに増えていくと考えられます。

ライバルが増えていく中、継続しているというメリットを作っていくことは重要です。

 

1年間は最初に決めたことを頑張ってやってみる。

そう決めて取り組み始めてもいいと思います。

 

すぐに行動できない人

アフィリエイト以外でもそうだと思いますが、すぐに行動できない人は稼ぐことは出来ません。

 

アフィリエイトのことを考え続けていたり、情報収集をしたりしていると、

「この商品がこれから売れそう」

「こんな記事書いたらいいんじゃないか」

「この商品が新しく発売された」

上記のような思いつきをしたり、誰からから情報が入ったりすることも多いです。

 

しかし、実際に行動出来る人はほんの少ししかいません。

 

この商品が伸びてきている、この商品取り組むといいという情報提供をしてもやってくれる人はほんの少しなのです。

 

稼いでいる人をみると「とりあえずやってみる」という人が多いです。

もう記事書いたの?とびっくりするような人ほど、売り上げるのは間違いないです。

 

そもそも時間を割けない人

簡単に稼げると思っている人は稼げないと近いですが、時間を割けない人は稼ぐことは出来ません。

自分がネットで読んでいる記事を振り返ってみましょう。

その記事が何文字くらいあるのか、それを書くのにどの程度の時間がかかるか考えてみたことはあるでしょうか。

3000文字、5000文字といった記事が世の中には溢れていますが、それを書くには何時間もかかります。

もしあなたが副業でアフィリエイトを始めるとしたら、仕事終わりの時間を少しづつ積み重ねていく必要があるのです。

 

1記事かけば報酬が発生するわけではありません。

記事を何十記事、何百記事と書いていく必要があります。

「まず100記事書いてみよう」と経験者のアフィリエイターはよく言います。

 

100記事入ったサイトを作るのにはどれくらいの時間がかかるか計算してみましょう。

トータルでどれくらいの時間がかかるか把握することは非常に大切です。

 

仲間のアフィリエイターがいない人

知り合いのアフィリエイターがいない人はなかなか成功しづらい傾向にあります。

理由は大きく2つです。

一つ目は継続することが出来ないからです。

アフィリエイト一人で黙々とパソコンに向かう孤独な仕事です。

なかなかの精神力がないと、一人でずっと頑張っていくことは難しいです。

回りに励ましあえる仲間がいるか、切磋琢磨できる仲間がいるかはかなり重要です。

SNS上の知り合いでも、現実の知り合いでもモチベーションを保てる仲間を作ってみましょう。

 

二つ目は情報を手に入れることが出来ないからです。

アフィリエイトをずっと考えている同士が集まれば、いろいろなアイデアや情報が飛び交います。

その中には自身のアフィリエイト活動に活用できることが少なくないのです。

教えてくれる先輩アフィリエイターであれば、なおよしです。

 

「同じくらいのレベルの仲間」と「学ぶことのできる先輩アフィリエイター」。

その両方を見つけることが重要です。

 

教えてもらえれば稼げると思っている人(自分で考えない人)

アフィリエイト塾に入っていたり、情報商材で学んでいたりするひとに多い傾向です。

ネット上や本からアフィリエイトを学んだ人とは違い、アフィリエイト=教えてもらうものという考えになっている人が多いように感じます。

アフィリエイト塾やアフィリエイトの情報商材だけで稼げるようになることはほとんどありません。

基本的な知識をインプットした上で、さらに改善を加えてみたり、斬新なアイデアを実行してみたりすることで稼げるようになるのです。

 

売り上げを上げられるアフィリエイターはアフィリエイトに対しての考えが非常に深いです。

マーケティング能力があると言い換えてもいいかもしれません。

・どの市場(ジャンル)を狙うのか

・どのようなサイトを作るのか

・どのキーワードを狙うのか

・どの商品が売れるのか、いいのか

・そのような訴求をするのか

これらの情報は誰かに教えてもらったり、誰かに決めてもらったりするものではありません。

それを総合的に考えられる人がアフィリエイトで売り上げをあげられるのです。

 

PDCAサイクルを回せない人

PDCAサイクルとは、仕事をどのような過程で回せば効率が良くなるのかという考え方のことです。

Plan・Do・Check・Actionのサイクルを指しています。

計画・実行・評価・改善を何回も行うことで、事業が成功へと近づいていくのです。

 

アフィリエイトをするに当たって失敗は必ずあります。

仮定を立てて、実行し、結果を分析して、改善策を考える。

これをアフィリエイト活動の中で、しっかり行っていけば必ず成功に近づくことが出来ます。

 

今成功して、売り上げが多い人でも必ず失敗はあったはずです。

自分はダメだったと思わずに、改善し続けることが重要です。

 

勉強しない人

アフィリエイトでは日々の勉強(情報収集)が大切です。

SEO対策はGoogleの動きしだいで変わってきますし、広告運用もプラットフォーム側の変更で変わってきます。

アフィリエイトではこれが正解というものがないので、何をすればいいのかについて考え続けることが重要です。

稼いでいるアフィリエイターは何でこんなことまで知ってるんだろうということまで知ってることが多いです。

商品への理解や、技術的なことまで幅広くです。

 

逆に勉強をしない人は一時売り上げが上がったとしても、すぐに落ちてしまうことが多いです。

自分の持っているノウハウが使えなくなった際に、対策を打つことが出来ないためだと思います。

 

定期的にセミナーに参加したり、本を読んだり、ニュースをチェックしたりと情報に多く触れていくようにしましょう。

最初から何でも分かる人いません。

少しづつ勉強していくことで力のあるアフィリエイターになっていけるのです。

 

初心者の人はこちらの記事を読んでみてください。
【保存版】アフィリエイトを始めるのに必要な知識/スキルとは何か?読むべき本・サイトをまとめました

ライティングが重要だと思っていない人

サイトアフィリエイトでもPPCアフィリエイトでもライティングは重要です。

全然ダメな文章を書いておいて、「キーワードがだめだったんですかね」となる人が非常に多いです。

評価しづらい能力なため、考えない人が多いのです。

 

ライティング能力は、文章を書くのが早いというより「人の心を動かす自然な文章」を書けるかどうかということです。

 

アフィリエイトは、文章を書くことが仕事です。

ユーザーはあなたの文章を読んで情報を得たり、商品を購入するかどうかを決めたりします。

もとより、検索順位を決めているGoogleは記事を様々な方法で評価し、ユーザーのためにいい記事を上位表示するシステムを構築しています。

 

文章を書くということは非常に馴れがいる行為です。

能力(ライティングスキル、コピーライティングスキル)は練習することで高めらます。

まずは慣れるまでひたすら書くということが重要です。

 

作業が伴わない人

いわゆるノウハウコレクターと呼ばれる人のことです。

アフィリエイトを学びたいと思って塾に入ったり、情報商材を買ったりしても、

しっかりと実践しないで終わってしまう人のことです。

 

情報を手に入れることで満足してしまうので、実行に移せません。

 

アフィリエイトは作業の絶対量が必ず必要になってきます。

SEOの勉強をいくらしても、記事を書いてみるという行動がない限り成功することはありません。

 

インプットとアウトプットのバランスをしっかりと保つようにしましょう。

 

情報を選べない人

インターネット上にはこうやったら稼げるという情報が溢れています。

正しい情報もあれば、間違っている情報もあります。

「あの人はこう言ってた。でもこの人はこう言ってるし。。」となってしまう人が多いです。

悩んだ結果、行動しないというひとも残念ながら多くいます。

 

情報に溢れている世の中だからこそ、情報を選ぶということが重要です。

情報のソース(根拠)をしっかりと把握し、自分の頭で考えているか自分に問いかけてみてください。

 

欲がないひと

これくらいでいいや、別に稼げなくてもな〜と考える人も多いです。

いくら稼ごう!という大きな目標がないと、自分への言い訳が生まれてしまいます。

お金に盲目になることは良くないことですが、お金から目を背けることもどうなのでしょうか。

 

お金があればできることは増えますし、あって困るものでもありません。

〜万円稼いだらこれをしようといったイメージをしてみてはいかがでしょうか。

そして絶対◯万円稼ぐと目標設定してみてください。

 

案件を選べない人

アフィリエイトでは売れる案件と売れない案件があります。

ASPにある商品はどれでも売れるんだろうと考えてしまう人がいるのですが、それは誤りです。

もちろん、自分がいいと思う商品を紹介することが絶対なのですが、売り上げを上げることも重要です。

ですので、売れる案件を選ぶ能力というのが必要になります。

 

案件を選ぶに当たって考えるべきことは様々あります。

自分のサイトにあっているのかという観点と、売れやすい商品なのかという観点が重要です。

・自分のサイトにくるユーザーに合った商品なのか?

・売れ筋の商品なのか?ブームが去った商品ではないか?

・自分がお勧めできる商品なのか

などなどチェックするポイントはたくさんあります。

下記の記事で選び方について説明しているので読んでみてください。

⇨アフィリエイトの案件の選び方。注意するべき6つのポイント

広告を貼り過ぎる人

「バナーだらけのサイト」を見たことがある人は多いのではないでしょうか。

記事中や左右にバナー広告がたくさん。。。

このようなサイトを見てどう思うでしょうか。

「あー広告ばかりだ。ページを読み込むのにも時間かかるし閉じよう」

そう思う人は少なくありません。

少なくとも私はそうです。

 

アフィリエイトは広告を貼れば成果が上がるというものではありません。

広告はクリックされなければ意味がないのです。

売りたいからたくさん広告を貼ってしまうという人が非常に多くいます。

むしろ貼りすぎると収益が悪化するということもあります。

「この記事はなんか怪しいな」とユーザーに思われたらページは閉じられてしまいます。

記事の信頼性も薄くなってしまいますよね。

買ってほしいという思いをなるべく消さなければなりません。

ユーザーに必要な情報を届けることを第一優先に、広告は二の次で考えるようにしましょう。

その方が売れるのです。

ネットリテラシーが低い人

ネットリテラシーがないのに、アフィリエイトはなんとかなると考える人が非常に多いです。

ネットリテラシーの定義はこちらになります。

1.インターネット上の違法コンテンツ、有害コンテンツに適切に対処できる能力
a.違法コンテンツの問題を理解し、適切に対処できる。
b.有害コンテンツの問題を理解し、適切に対処できる。
2.インターネット上で適切にコミュニケーションできる能力
a.情報を読み取り、適切にコミュニケーションできる。
b.電子商取引の問題を理解し、適切に対処できる。
c.利用料金や時間の浪費に配慮して利用できる。
3.プライバシー保護や適切なセキュリティ対策ができる能力
a.プライバシー保護を図り利用できる。
b.適切なセキュリティ対策を講じて利用できる。

平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等

若い人は子供の頃からネットに囲まれて生きているため、使いこなせるという人が良いですが、年があがあるほどネットが使いこなせないという人も多いです。

 

インターネットで商品を買ったことがないというアフィリエイターは意外と多いです。

そもそもインターネットをあまり使わないという人もいます。

ネットを使ったことがないのに、ネットを使っている人の気持ちを考えるのは少し無理があるでしょう。

実際に使う習慣をつけることはユーザーの気持ちを考えるに当たって必須です。

 

年齢が高く、アフィリエイトで結果を出している人は、ネットを使いこなし変化についていっている人が多いです。

 

 

そもそもアフィリエイトはインターネットを使ったビジネスです。

パソコンやネット上のツールを使いこなす必要が出てきます。

ITリテラシーが弱いと、情報収取をするのにも苦労しますし、ツールを使いこなすことも難しくなります。

 

ネットリテラシーはすぐにつくものではありません。

毎日少しでもネットを使うという生活に変えていきましょう。

 

ターゲットを明確にしていない人

サイトを作るにしても、商品を紹介するにしてもターゲットを明確にする必要があります。

パソコンの記事を書いているサイトに青汁の商品を紹介しても売れるわけがありません。

 

ターゲットの年齢、性別、性格などしっかり定義しておくことが重要です。

まず一歩目としてはペルソナを考えることから始めてはいかがでしょうか。

ペルソナとは年齢、職業などのデモグラフィックデータだけでなく、

趣味趣向や価値観、行動特性などの定性データも組み合わせ、設定した具体的な一人の顧客像のことです。

「ペルソナ」を作成し分析することで、ターゲットがより明確となり取るべき戦略が見えてきます。

 

ペルソナを設定することで顧客の考えを予想したり、必要としている情報を選択したりするのです。

売り上げを上げているアフィリエイターはペルソナを深く考え、サイトや記事に反映しています。

 

記事の文字数が少ない人

サイトアフィリエイトをしている人は必ず気をつけてほしいです。

ネット上で記事を読むときはすぐに読めますが、自分で書いてみるとかなり時間がかかるものです。

大変なので、文字数が少なくなってしまうという人は多いです。

 

300文字の記事を100記事程度書いて、「売り上げが上がらないんですが、どうしたらいいですか」という質問を受けたことがあります。

300文字の記事を積み重ねたところで売り上げを上げることは非常に難しいです。

 

トップアフィリエイターのサイトの文字数や、自分が狙っているキーワードで上位表示されている記事の文字数をチェックしてみてください。

最低でも1000文字以上はあると思います。

10000文字があることもざらではありません。 (この記事も10000文字くらいです。)

 

自分の記事が上位表示されるということは「現在上位表示されている記事よりクオリティの高い記事を書かなければならない」ということです。

今自分が書こうとしている記事は現在上位表示されている記事より良い記事と言えるのでしょうか。

 

文字数を稼ぐためにだらだらと書けばいいという訳ではありませんが、最低でも1000文字は書く必要があるのです。

 

アフィリエイトは稼げないと考えてしまう人へ

簡単に稼げる!ということは絶対にありません。

あくまでも努力や工夫ができる人がやれば簡単に稼げるという意味です。

楽をして稼げるというひとは誤りです。

 

アフィリエイトには正しい方法で継続することが非常に重要です。

稼げるアフィリエイターに注目して見てください。

稼いでいるサイトがどのような文章を書いているのか、どれくらいの文字数書いているのか、どのような構造になっているのか。。。

努力が垣間見れることと思います。

 

毎月200万円以上の売り上げを上げている主婦のSさんは

「8時間は今まで通りの建築の仕事をして、家事や子供の寝かしつけなどをしたあとの夜に、アフィリエイトの勉強を4時間」

していたと語ってくれました。

【インタビュー】アフィリエイト報酬200万円到達のコツは「努力と継続」、そして「仲間の存在」にあった

 

稼げるアフィリエイターと稼げないアフィリエイターがいるのには必ず理由があります。

自分が稼げていない理由を見つかるまで探すことをしてみてください。

 

また、今回の記事を書いていて、アフィリエイトもリアルのビジネスも「売り上げを上げるために必要なことは一緒」だと思いました。

ユーザーのことを考えた良いプロダクト(アフィリエイトで言えばサイト・記事)を作ること。

それには頭を使うことや努力、改善が必要です。

 

副業の人は本業だったらどうするのかについて考えてみると良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現在のアフィリエイト報酬をUPさせられないか、ご相談ください。

Link-Aでは即時のチャットサポートや高単価案件でアフィリエイターの皆様をサポートさせていただきます。

これからアフィリエイトを始めるという方のご相談もお待ちしております。


Link-Aに登録する

SNSでもご購読できます。