サラリーマンがブログで月10万稼ぐのは無理?ブログをお勧めしない5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近ではブログを活用してお金を稼ぐ人が増えてきました。

副業の流れもあってブログを始めようかと考えている人も多いと思います。

 

ブロガーという職業がだんだんと認知され始めたほどですね。

テレビで名前を聞くほどイケダハヤトさんやはあちゅうさんは有名です。

ただ、まだまだブログでどうやって稼ぐのか理解できていない人が多いと思います。

ブログにはどのような収益化手段があるのか、本当にブログで稼ぐことができるのかをまとめていきます。
「副業を始めたい」「今の給料で満足できていない」「ブログに興味がある」という人はぜひ読んでみてください。

 

ブログで稼げる4つの仕組み

ブログを書いている人はどのようにお金を手にする仕組みになっているのでしょうか。

全く収益化のシステムについて知らない人はどうなっているのか全くわからないものです。

「ブログを書くだけで収入がもらえるの?」と思う人もいるでしょう。

これに対する回答はこうなります。

「文字を書くだけではお金を得ることはできません。人に見られる記事を書きそこに広告を貼ることで収益になります」

人に見られるということと、広告を貼るということがポイントです。

たくさんの人に見られるところに広告を貼るとお金がもらえるのはリアルの場面でも一緒です。

田舎の看板より、大都市のビルの上にある看板のほうがたくさんの人に見られるので掲載費用が高そうですよね。

ネット上でも同じことなのです。

 

またそもそも広告を貼らなければお金は発生しません。

広告のことを知らなければ、ブログを何年も運営しても収益は0のままです。

また、どのような広告を貼るかによって収益のシステムは変わってきます。

大きく分けると4つの広告の種類があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

アドセンス

ブログで収益を得る最初の方法はGoogleアドセンスがオススメです。

GoogleアドセンスとはGoogleに広告の枠を売るという方法です。

自分のブログの一部を

「ここの枠勝手に使ってください」と Googleに提供するのです。

 

そうするとGoogleが自分のブログを訪れる人に適切な広告を配信してくれます。

Googleアドセンスのメリットとして一番大きいのはクリックで報酬が得られるということです。

どんなブログ・記事かにもよりますが、1回のクリックされると報酬が平均30円くらいもらえると考えて良いと思います。

100人自分のブログを読んでくれるうち、1回くらいクリックされると考えると、1人に見られると0.3円くらい入るくらいですね。

 

0.3円と聞くと「こんな少ないなんて」と考える人がいるかもしれません。

しかし、もうちょっと想像してみてください。

たくさんの人に見られやすいのがネットなので、良い記事やSNS(ツイッターやフェイスブック)などで広まるような記事を書けば、1記事が10万人に見られるということもかなりあることなのです。

1人0.3円ですから、10万人で3万円ですね。

1人に見られることを専門用語で1PV(ページビュー)というので覚えておきましょう。

 

Googleアドセンスのもう一つのメリットは簡単ということです。

面倒な契約や準備が一切ありません。

Googleにブログを申請して、何行かの文字列をブログに設置するだけです。

あとはブログを訪れる人にGoogleが広告を自動で出してくれます。

 

アフィリエイト

二つ目の方法はアフィリエイト広告です。

難易度で言えば、Googleアドセンスよりは若干難しい方法になります。

アフィリエイトとあなたのブログの紹介で商品が売れると、商品を売っている企業から売上の一部を報酬としてもらえるという仕組みです。

例えば100000円のパソコンをあなたのWebサイトで販売することができれば、パソコンを売っている会社から10000円のアフィリエイト報酬がもらえるということです。

つまりは、「アフィリエイト」は「成果報酬型」の広告を指します。

アフィリエイト広告は、ネット広告の一つとして広まっています。

健康食品、美容品、エステ、不動産、旅行など様々な商品をアフィリエイトすることができます。

 

最初にGoogleアドセンスより難しいと言ったのには2つの理由があります。

1つ目は商品を選ばないといけないということです。

売れない商品をいくら紹介しようが、報酬を得ることはできません。

自分がおすすめしたい商品、売上を上げられる商品。この双方の考えがアフィリエイトでは非常に重要です。

 

2つ目は成果点が遠いということです。

Googleアドセンスはクリックだけでお金がもらえましたが、アフィリエイトでは購入やサービスの登録が成果点になることが多いです。

自分が商品を購入する時を想像してみましょう。

・本当にこれが必要なのか

・本当に信頼できる商品なのか

・値段と釣り合う商品なのか

・買うタイミングは本当に今なのか

そういったことを何度も何度も考えます。

当然ですがお金を使う決定をするわけですから、報酬が発生する割合は少なくなりますよね。

 

ですから、商品を紹介する際の文章力が必要になってきます。

信頼のできる情報源だと信じてもらうことも重要ですし、ユーザーの不安を取り除く情報を漏らさず提供しなければなりません。

読んでもらえる文章と買ってもらえる文章はかなり違うのです。

 

難しいとは言いましたが、良い広告を選び、良いキーワードで集客をして、良い文章を書くことができれば、Googleアドセンスよりも高い報酬を手にすることが可能になります。

アフィリエイトをするには紹介する商品を探すためにアフィリエイトASPに登録することが必要です。

アフィリエイトASPはいろいろありますが、弊社サービスの「Link-A」に登録しておきましょう。笑

Link-A:http://link-a.net/

分からないことがすぐに聞けて便利なチャット機能を用意しています。

広告の提携(広告主にこのページで紹介させてほしいと申請すること)が基本的に無いので、

紹介したい案件をすぐ紹介する事ができます。

 

Amazonアソシエイト

三つ目の方法はAmazonアソシエイトです。

先ほど紹介したアフィリエイトと基本的には一緒ですが、異なる部分が大きいので分けて説明していきます。
Amazonで売っている商品をサイトで紹介することで売上の一部をAmazonからもらえるというシステムです。

下記が紹介料率です。

食品&飲料であれば8%、本などは3%です。

正直なところ、利率はそこまで高くありません。

本を売る場合を想像してみましょう。

本の価格が平均1,500円だとすると、Amazonアソシエイトで本を1冊売った時に得られる報酬は45円です。
ちょっと少なすぎますよね。。

 

ただ、なんでも紹介できるという点は非常に魅力的です。

利率は100%アフィリエイトASPの方が良いですが、品数で比べれば天と地の差があります。

アドセンスなどの広告とAmazonアソシエイトを組み合わせることで、収益を高めることが可能になります。

法人が運営するような多くのメディアはアドセンスとAmazonアソシエイトを組み合わせて運営しています。

 

アドセンスを貼ると他の広告と組みあわせてはいけないと考えている人が一部いますが、それは誤解です。

アドセンスの禁止事項に触れないような掲載の仕方をすれば何も問題ありません。

幾つかの広告を組み合わせることができれば、収益がかなり変わってくるので、規約をしっかり把握しておきましょう。

自分の作った商品/サービスを売る

自分の商品やサービスを売るためにブログを運営しているひともいます。

今ご覧いただいているようなブログを作ることで、ひとを集客してサービスを売ることも可能です。

 

最近ではオウンドメディアという言葉が広まっています。

オウンドメディアを広く定義すると、自社(個人)が持っているメディアになります。

会社、個人の販促戦略の一つとしてブログが使われることもあるのです。

 

それはなぜでしょうか。

今では自分の知らないことをネットで調べるということが当たり前になってきています。

1日何回検索をしたかを思い出すと、数え切れないという人も少なくないはずです。

自分の知らない情報を検索で調べ、そこで知ったサービスを購入するという流れができているのです。

物を売りたい立場から考えてみましょう。

自分が集客したいユーザーが悩んでそうな情報を発信する、自分が集客したいユーザーが検索しそうなキーワードを狙って記事を書くことで集客ができるのです。

ユーザー視点に立った情報を提供することで、ユーザーをサイトのファンにして商品の購入まで進んでもらうのが究極の目的です。

最近では個人のブログを同じような目的で運営するひとも増えてきました。

自分の知っている情報を発信することで、専門性の高い人間だと知ってもらいビジネスにつなげるのです。

ブログをおすすめしない5つの理由

上ではブログがどのように収益を上げているのか説明してきました。

ブロガーと呼ばれる人たちがどのように収益をあげているかを理解していただけたと思います。

 

しかし、ブログはそこまでおすすめすることはできません。

なぜならしっかりとメリット・デメリットを考えないと満足のいく収益をあげることができないからです。

その理由は5つあるのですが、それぞれについて説明していきます。

長い時間がかかる

ブログで高額な報酬を得ていくためには時間が必要です。

30記事頑張って書いても100円も得られないことを覚悟したほうが良いです。

ブログだけで生活しているブロガーはかなりPV(見られている数)があります。

ブロガーの有名なイケダハヤトさんがブログ収入の目安表を作っていたので紹介します。

1万PV:〜1,000円
5万PV:3,000〜10,000円
10万PV:10,000〜50,000円
20万PV:50,000〜100,000円
30万PV:100,000〜150,000円
40万PV:150,000〜200,000円
50万PV:200,000〜250,000円
100万PV:500,000〜750,000円
150万PV:750,000〜1,250,000円
200万PV:1,000,000〜2,500,000円
250万PV:2,000,000〜3,000,000円
出典:まだ東京で消耗してるの?

このPV数を達成するためにはどれくらいの時間が必要なのでしょうか。

プロブロガーの八木仁平さんはこのように語っています。

読まれるブログ記事を書けるようになるまで3ヶ月、読者が増えるのにもう3ヶ月、そして収入の得方を実践するのに半年、合計1年が最低でも生計を立てるためには必要です。
ちなみにぼくは1年3ヶ月ほどブログを書いて生計を立てられるレベルになりました。
ブログも他の職業と同じく、誰でも収入を得られるというわけではありません。
むしろ生計を立てるまでのハードルはその他の職業に比べても高いです。
出典:やぎろぐ

そんなに甘くないけど、ちゃんと継続すれば稼げるようになるということを2人ともおっしゃっているのですが、6ヶ月、1年と考える想像できない人も多いと思います。

 

毎日コツコツ書き続ける、それを1年ほど続けて初めて生計が立てられるのです。

ここまで継続できると断言できる人はどの程度いるでしょうか。

努力も才能とは言いますが、努力という才能がより求められる仕事だということです。

 

また、PV数を伸ばしていこうとすると、自分の興味があるジャンルより世の中の人が注目するジャンルの記事を書く必要が出てきます。

結局、トレンドの情報や、ニュース性のある情報、美容関係の情報という感じになってきます。

ブログを書くという目的に、稼ぐという目的が加わったとき、両立しながらブログを運営していくことは非常に難しいと言えるのでしょうか。

身バレ問題

トップのブロガーを見ると顔出しをして、個性を売っている人が多いと思います。

イケダハヤトさん、はあちゅうさんは炎上が代名詞と言われるほど、知名度を上げることによって自身のブログも成長させてきています。

個性があるブログの方が読んでいて面白いというのは間違いなくあります。

書いている人を頭に想像しながら読むことができるからです。

 

一度炎上すれば何万PV〜何十万PVという流入があります。

正直、メリットは大きいです。

ただ、ブログで生活をしているだけにしかできない方法でもあります。

副業が禁止されている会社も多いですし、何よりプライベートを全てさらけ出したくないという人も多いでしょう。

 

ブログは続ければ続けるほど、ネタがなくなってきて身近な話が多くなってきます。

全ての記事を読めば身近な人であれば、あの人が書いているということはわかるということです。

副業禁止の会社だったら、ブログで収益を上げていることを見られるた場合、クビになることさえあります。

匿名でブログをしている人は多くいますが、ブログで10万を稼ごうと思うとかなりの記事が必要になってきます。

ブログは誰でも見れるということをよく考えて運営することが重要なのです。

 

何を言いたいかというと、「キャラクターを出さないと面白い記事は書けない」ということと、

「個人情報を隠したい」ということのギャップに悩まされることになるということです。

 

専門性が低くなりがち

ブログはいろいろなジャンルを扱う形態のことが多いです。

自分がブログを始めようと思った時どのようなテーマの記事を書くでしょうか。

お店、健康、仕事、、と広いジャンルを想像した人が多いと思います。

 

これに対して50代以降の健康について扱っているサイトがあったとします。

両サイトが同じ質の記事を書いたとしても、後者のサイトの記事が評価されやすいのです。

 

これはなぜでしょう。

その答えは情報を探しているユーザーの気持ちから考えてみると理解できます。

狭いジャンルを扱っているサイト、ブログを見たときに、

「この記事は専門性が高い人が書いているんだろうな。」

「専門家だから情報に信頼性があるな」

「信頼性のある情報だから納得しよう」

となるわけです。

そのようなサイトからの購入も起きやすくなるので、収益面でも変わってくるのです。

 

検索エンジンの評価も同じだと言えます。

ブログがたくさんのジャンルを扱えば扱うほど、ブログの他の記事の関係性が薄くなってしまいます。

検索キーワードと関連性が薄いサイトだと認識されてしまうので、検索順位が上がりにくいのです。

難しいことを書きましたが、専門分野に特化したサイトの方が有利ということです。

 

割と儲からない

ブロガーは努力が必要な割にあまり儲かりません。

時給で計算すると非常に悲しい気分になることは間違いありません。

頑張って記事を書いたからって、ちゃんと読まれるわけではないのです。

狙った通りにいかないから数を打ちまくる必要が出てくるのです。

 

収益を上げていくためにはPV数を上げていくためには必要ですが、PV単価をあげることも重要です。
(PV単価とは1人に見られるとブログ運営者に入るお金のことです)

広告の貼り方や工夫で上げることは可能かもしれませんが、PV単価が1円を越すことは非常に難しいです。

これは先程書いた専門性と関係してきます。

どうしてもレバレッジを効かせることができないため、体力勝負になってしまいがちなのです。

 

稼ぐことを目的にするならば、ブログよりアフィリエイトサイトを作った方が絶対に良いです。

必然的に専門性の高いジャンル、ニッチなジャンルを扱うことになるのでPV単価5円以上になることも多いのです。

 

ブログを継続して月30万稼ぐことができるようになったという、ものすごい継続力のある人間がいたとしたら、
アフィリエイトサイトを運営していた方が収益が上がった可能性が高いと思います。

 

立場の弱いビジネスである

ごく一部の超有名ブロガー以外、ビジネス的な観点からすればかなり立場が弱いです。

ブロガーの取引相手となるとGoogle(Google アドセンスの活用)、アフィリエイトの広告主(広告を貼った商品の会社)が挙げられます。

それぞれブロガーはサービスを利用させてもらっている側になりがちです。

1つの商品を月間数千個売るということになってこれば、取引相手に交渉力を持つことができます。

利益率を高めるために1個あたりの報酬を高くしてくれといった交渉です。

しかし、ブロガーは何かに特化しないため幅広く売って収益をあげることになります。

こうなると立場的に強くなることは難しいのです。

ブログに向いている人はどんな人?

上ではブログをお勧めしない理由を5つ書きました。

しかし、世の中にはブログが向いている人もいると思っています。

どのような人がブログの運営に向いているのか考えていきたいと思います。

読者との交流が何より楽しい

ブログは自分のキャラクターや自分の考え方を押し出すことが多いです。

多くの人に読まれるようになってくると自分の考えを支援してくる人や、自分に愛着を持ってくれる人が出てきます。

ブログを書くということは誰かに向かって自分の考え、知っていることを書くということです。

その相手がが読んでくれる、喜んでくれることに喜びを感じられる人はブログに向いていると言えます。

・コメントされるのが嬉しい

・記事をシェアされるのが嬉しい

・ファンがついてくれるのが嬉しい

このようなことがブログを書く大きなモチベーションになっている人はこれに当てはまります。

 

自分の考えの記録(日記代わり)にしている

ブログを誰かのために書いているという人もいれば、自分の考えの整理や記録(日記代わり)にしているひともいます。

頭の中で考えていてもよくわからなかったことが書き出してみると理解できたということもありますよね。

自分の考えたことを記録として残しておいて後で振り返りたいということもあると思います。

昔、日記に書いていたものがブログになっているだけなのです。

 

外に対する意識ではなく、自分が書きたいから書いているというひとがこれにあたります。

こういうひとはブログを収益化していないケースが多いです。

例え収益化しようとしたとしても、それ自体が目的ではないんでお金が入ってきたらラッキーくらいの気持ちでいることができます。

 

自分の考えを知ってほしい

一番上の理由と近いかもしれませんが、自分の考えを世の中に発信したいと考えるひとも多いです。

人との交流がメインではなく、世の中に異議を唱えることや、自分の専門分野での考えをアピールすることが目的です。

こういうひともブログを収益化しないケースが多いです。

同様に例え収益化しようとしたとしても、それ自体が目的ではないんでお金が入ってきたらラッキーくらいの気持ちでいることができます。

 

こういうブログは成功する

ブログでお金を稼ぐことは無理ではありません。

上を見れば100万円以上の収益を上げているひとも数多くいます。

しかし、上で説明したようにブログは努力をお金に換えにくいビジネスです。

やるとしても正しい戦略を持って取り組まなければなりません。

 

専門性のあるブログを運営する

ある程度テーマを絞ってそれについての記事を書いていくのがオススメです。

例えば、自分が看護師だったら医療系の記事を書くなどです。

ブログのテーマが一貫しているサイトの方が間違いなく良いです。

あるテーマに対して色々な観点や、考察を書いていくとサイト全体が専門性の高いサイトだと認識されていきます。

サイト自体、またその運営者は専門家であるとユーザーから認識されますし、検索エンジンも専門性の高いサイトだと認めてくれます。

検索キーワードと関連性が強いコンテンツ、サイトだと判断するので検索順位が次第に上がってくる可能性も高いのです。

 

記事を検索の上位に表示されるために必要なことは「質の高いコンテンツ」を書くことが重要です。

質の高いとはなんでしょうか。

自分にしか書けないことを書くことによって、情報を世の中に広めていくことだと思います。

「自分にしか書けないこと」というのが非常に重要です。

 

記事を検索の上位に表示させるという観点から考えたときにも、テーマを絞ることが求められます。

自分の決めたテーマをもう書き尽くした、色々なキーワードで上位表示されてとなったときは少しずつテーマを広げていけば良いのです。

 

自分のキャラクターを出す

自分のキャラクターを出すことはファンを付けることに繋がります。

10人のうち1人にしか好かれないキャラクターであったとしても、ネット上では共感してくれる人を集めることができます。

顔出しをして、自身のキャラクターをがんがん出していくというのも戦略の一つです。

 

この場合、自分のキャラクターを確率して、目立ってくことが重要です。

どのようにすれば注目を集めることができるのか考えると良いでしょう。

 

自分の好きなことを書くと決める

ブログを運営する上で最も大切なことは継続するということです。

すぐ結果を求めようとすると自分の書きたくないジャンルの記事を書き、疲れていくという悪循環に陥ることになります。

ブログで食べていくというのなら話は別ですが、副業としてブログを始めるなら、好きなことを中心に書いていくことをオススメします。

好きなことなら、記事もスムーズに書くことができますし、モチベーション高く取り組むことができます。

まずは収益の目標を立てずに継続することを目標におくと良いと思います。

 

お金を目的にするならブログよりサイトアフィリエイトがおすすめ

上でもちらっと書きましたが、お金を稼ぐと言うことを第一にするならばブログよりサイトアフィリエイトをオススメします。

 

ブログとアフィリエイトサイトって違うの?というひとも多いと思うので、先に説明しておきます。

ブログはある一人の個人(自分)を通して記事を書いていくことで、アフィリエイトサイトは個人から離れた第三者の目線から記事を書いていくことです。

 

どうしても個人で記事を書いていく以上、1日何100記事と作成できる大手メディアと勝負することはできません。

ですので、テーマを絞りそれに特化したサイトを作成していくということが戦略上考えられます。

 

専門性がないと思う人もいるでしょう。

自分に専門性がなかったとしても、1つの商品を紹介するだけのサイトを作ったとしたらどうでしょうか。

必然的に専門性が高くなるのです。

またネットにまとめられていない知識というものもたくさんあります。

それを調べて文章にするだけでも専門性の高いサイトを作ることができます。

 

有名なブロガーでも収入は100万円ちょっとです。

しかし、100万円以上稼いでいるアフィリエイターなら数え切れないほどいます。

有名なブロガーの中でも収益を向上させるためにアフィリエイト広告を使っていこうという流れになってきているくらいです。

 

しかも、1つのサイトに必要な記事数がかなり少なくなることもメリットになります。

テーマが大きければ大きいほど、そのテーマを網羅する記事を準備するのに時間がかかります。

しかし、テーマが狭ければすぐに網羅することができるのです。

どんなサイトを作るかという最初の戦略は重要ですが、ブロガーで成功している人とアフィリエイトで成功しているひとを比較すると、

やはりアフィリエイトの方が稼ぎやすいと言えると思います。

 

まず始めてみよう!

ブログを始めるにしろ、アフィリエイトサイトを作るにしろ始めてみることが大事です。

おそらく最初のサイト、ブログはあまり上手くいかないかもしれません。

しかし、失敗から学ぶことは非常に多いです。

 

私も最初作ったサイトは10記事くらい書いたものの、継続するイメージが持てず途中でやめることになりました。

しかし、次はこういうサイトなら自分が興味を持って取り組めるんじゃないかと考えることができましたし、何より運営するにはこのようなプロセスを経るんだということをイメージすることが出来ました。

この記事を読んでいるということはブログ運営、サイト運営、副業などに興味を持っているということでしょう。

 

始めてみなければ成功はありません。

まず「自分にしか書けないこと」は何だろうかということを考えてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ記事

・アフィリエイトもう少し勉強したいと思った人へ
【保存版】アフィリエイトを始めるのに必要な知識/スキルとは何か?読むべき本・サイトをまとめました。
アフィリエイトにはどのような知識が必要かについてまとめてあります。

どのような知識をつければ稼げるのかについて理解できます。

・サイトを立ち上げようと思った人へ
アフィリエイトサイトの立ち上げ方。WordPressの設定まで。
細かくサイトの立ち上げ方について説明しています。
記事に沿って作業を進めていけばサイトを立ち上げることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現在のアフィリエイト報酬をUPさせられないか、ご相談ください。

Link-Aでは即時のチャットサポートや高単価案件でアフィリエイターの皆様をサポートさせていただきます。

これからアフィリエイトを始めるという方のご相談もお待ちしております。


Link-Aに登録する

SNSでもご購読できます。